アルバム「and love」

"良い時間を過ごせた"
これにつきる。

レコーディングしている時、全ての工程を終えた時、変わらずの充実感。レコーディング最中に、何度も「震える瞬間」や「感動で涙を堪える瞬間」と対面することができた、こういう瞬間を重ねていくことで、演奏や歌に熱量がこもり曲に厚みが増すんだと確信できた。

今回の音源に関する一連の動きは間違ってなかったと思えた。

それと、メンバーの喜ぶ顔を見れるのは最高に嬉しい、こういう雰囲気も詰められただろうな。

たった4分くらいの曲に、多くの時間と精神を費やし曲ができる、今作の曲の中で8年かけて出来た曲もある、単純に時間かかり過ぎですが…

けど、ここまで自分のやりたいことを音にすることができた音源は初めてです。

まずは、トレーラーですが、この数秒で曲の想像を膨らませてほしいです。今作は曲はもちろん、パッケージ、写真、MVなど、一つ一つにストーリーがあるから、色々な場面でメンバー各々語っていけたらと思ってます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
クリス ヴァン コーネルで歌、アコギに鍵盤や曲作りを担当、ソロとしても曲を作っています。