見出し画像

やっと見つけた理想の環境。オランダに移住します

今年、12ヶ月12ヶ国生活をしようと決め、家を手放し、旅しながらの生活を送ってきました。世界一周するつもりだったので、来年ぐらいまで続くんだろうなーと思っていたら、3ヶ月で終了。偶然の出会いから、家が見つかり、ビザが取れて、来月からオランダに暮らすことになりました。

画像1

なぜオランダに移住することを決めたのか。
いろんな方に理由を知りたいと言ってもらえるのでご報告しておきたいというのと、今回は自分にとって大きなチャレンジにもなるので、未来の自分が迷った時に立ち返ることができるように、まとめておきたいと思います。

体重10kg減、睡眠薬5錠。ほとんど記憶が無い3ヶ月。

去年の夏頃、仕事でもプライベートでも、面白いようにトラブルが続きました。一難去ってまた一難。いや、一難に止まらず、一気に二難、三難と続いた感じで。食欲がなくなり、体重は50キロ台前半へ。夜眠れなくなり、人生初の睡眠薬に手を出して、5錠飲んでも寝れなくったりして。仕事が終わり会社を出た後、気づいたら六本木の映画館にいたこともあって。この時はいろんな友人に支えてもらって、なんとか生きている感じでした。

毎日朝から晩まで会議や連絡に追われ、夜は会食続き。メール1通返すのに1週間かかることも日常化してしまう始末。全ては僕個人のスケジュール管理能力・マネジメント能力の無さが原因なのですが、ただただ辛かった。

今年から本部長に昇格することも決まっていたし、複業の会社を創業することも決まっていたので、これまで以上に多忙になることは確実。このままの生活を続けていては絶対に立ち行かなくなることが明白でした。もう、今の自分の能力では改善できる自信がなかったので、後は環境を変えることしか選択肢はないと思い、家を手放して東京から離れてみることに。

表では「旅行が好きだから」「東京の生活に飽きたから」とか言ってましたが、本当の理由は環境を変えないと今年頑張る自信がなかったから。旅行が好きなのも嘘じゃないけど、仕事で成果を出すのに最適な環境を探すため、それによって充実した日々を取り戻すため、というのがメインの理由でした。

時間は増やすことができる。"時差"の素晴らしさ

最初は国内の都市をいくつかまわり、その後アジアを巡りました。東京から離れたことで夜の時間を確保しやすくなったことはメリットでしたが、そこまで大きな変化はなく。アジアに1ヶ月程滞在した後、ヨーロッパを訪れることにしました。

休暇は取らずに行ったので、オランダでも普通に仕事。時差が-7時間(※サマータイム)あるので、午前中は予定をブロックさせてもらい、日本の13時-19時、オランダの6時-12時の間で会議を実施するような感じでスケジュールを組み、仕事をしてみたのですが。

3日目で泣きました。

こんなにも時間を増やすことができるのか、と。

こんなにも仕事に没頭することができるのか、と。

毎日、午前中は会議で埋まりますが、午後はフリー。誰からも連絡が来ず、自分が取り組みたいことに集中して、没頭できる。東京にいた時には土日にしか得られなかった時間を、オランダにいれば毎日得ることができる。

会議も毎日6時間枠を用意すれば支障はなく、メンバーから終業間際に受け取ったタスクも、翌朝までに完了して戻すことができる。とにかく時間があるので、タスクがどんどん消化されていく。メールもチャットも全てその日の内に返信できる。

画像2

集中して業務に取り組む時間を確保できたことで、仕事のスピードが上がり、メンバーとのコミュニケーションも円滑になり、緊急ではないが重要な仕事に向き合う余裕もできて。読書量も5倍以上に増えたりして。
まるで「精神と時の部屋」にいるようで。

こんなに思いっきり仕事ができるのかと。この環境であれば、今年、しっかり成果を出せそうだと。

心から安堵して、自然と涙が溢れました。

楽しくて仕方がない、今取り組んでいる仕事について

今やってる仕事について、軽く紹介させてください。

本業の方では本部長兼事業部長としてのマネジメント業務をしつつ、新規事業の立ち上げをしています。
地方や海外など、地理的に不利な場所にいる学生と、東京の企業をオンラインで繋げる新卒採用向けのサービス。

複業の会社では、コーチングサービスを提供しています。

コーチングを受けたい人とプロのコーチをマッチングするサービスでは、既に100名を超えるクライアントに利用いただいていて、順調に伸びています。

コーチングを学びたい人向けの養成講座も好評いただいています。

どちらの会社の事業もまだ立ち上げ段階なので、友人や知人を中心に利用してもらっているのですが、彼らがとても喜んでくれていて。うまくいかないことも多いのですが、彼らの喜ぶ姿をイメージするとどんな困難にも前向きに立ち向かうことができて、とてもやりがいを感じながら取り組めています。

大切な人に胸を張って紹介できる仕事って、良いですね。楽しくて仕方がない。

オランダで、しっかりサービスを磨き込みたいと思います。

「生き方に合わせた働き方」を選べる社会へ

僕は今、とにかく仕事に集中したく、オランダへ移住することにしました。
でも、もしかしたら数年後結婚して、子供ができたら、日本に帰りたくなるかもしれない。もしくは、仕事の比重を減らして、趣味の時間を増やしたいと思うかもしれない。
その時々の状況で、人生のフェーズによって、自分が望む時間の使い方が変化するのは自然だと思っています。

ただ、今の日本では、働き方の選択肢が少ない。リモートワークもまだまだ特別扱いされているし、休暇だって暗黙のプレッシャーがあって取りづらい。そんな話をよく聞きます。

海外で働いたって良いし、週3日勤務でも良い。
学校を休学するように、1年間会社を休んでも良い。

働き方の選択肢が増えると、人生はもっと彩り豊かになるんじゃないか。
その結果、人生を楽しんでいるかっこいい大人が世の中に増えるんじゃないか。

そんな人たちに囲まれて、将来、大人になることを楽しみにする子供が増えたら良いな。

なんていうことを願いながら、
今の自分のチャレンジがその願いの実現に繋がると信じながら、
これからも頑張っていこうと思います。

画像3


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
430
福岡出身、平成元年生まれ。ガイアックス13卒入社。事業部長4年目、本部長1年目。複業でZaPASS Inc.を創業。Founder兼COO。コーチング事業を展開中。今年からオランダへ移住。30代は海外で暮らします。

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 17155本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。