テレ東のパクリ文化は古き良き伝統!? 2局の善悪を占うテレビマン座談会

――テレ東とMXの企画力や構成力は、果たしていかなるものなのか?在京キー局とローカル局のプロデューサー/ディレクター、そして制作会社関係者が語る、2局の体質と構造を考察。

【座談会参加者】
A…大阪準キー局関係者
B…都内キー局プロデューサー
C…都内キー局ディレクター
D…仙台ローカル局ディレクター
E…CS放送局ディレクター

E 僕は東京生まれ、東京育ちですが、今回のサイゾーの特集である”東京”という部分に主眼を置いたら、東京都の援助を受けているMXよりも、”東京らしさ”という点ではテレ東に軍配が上がる。

D 2局とも積極的に視聴できる環境ではありませんが、ガッツや攻めている姿勢は、テレビマンととして共感できる。地方における型破り番組は、視聴者からの苦情で、すぐに終了してしまうものが多いし、そういうイズムが東京らしさにつながるんですかね?

B 今は昔と違って、コアターゲットに向けた番組がもてはやされるようになり、テレ東・MX共に”低予算”ということから、そうせざるを得ないという面もあるね。

ここから先は

1,185字
この記事のみ ¥ 100
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?