80年代フリフリから10年代"マッパ衣装"まで……アイドル衣装"タブー破り"の歴史を追う!

80年代フリフリから10年代"マッパ衣装"まで……アイドル衣装"タブー破り"の歴史を追う!

サイゾー

――アイドルを形作るものは歌やダンスだけではない。彼女たちの着用する衣装こそ、アイドルとしてのアイデンティティをより強固にするアイテムなのだ!時代によって移り変わってきたアイドル像とその衣装の変遷を下記チャート図でおさらいしつつ、被服がもたらすアイドル文化の進化と深化を追う!

↑ これがアイドル衣装の変遷だ!

AKB48がヒットチャートを駆け上がると同時に、女性アイドル界で"制服風衣装"がスタンダードになったように、アイドルの衣装にもはやりすたりがある。ここでは、ファッションとしての女性アイドルの衣装について考えてみよう。

そもそもアイドルにとって衣装とは、どのような意味を持つのだろうか? この問いに対して、「一般の女の子との差別化の記号であり、戦場で身を守る鎧のようなもの」と定義するのは、メディア文化やジェンダー論に詳しく、『メディア文化とジェンダーの政治学』(世界思想社)などの著作もある十文字学園女子大学准教授の田中東子氏だ。

「アイドルにとって衣装とは、普通の女の子から"アイドル"に変身するための装いです。彼女たちは衣装というユニフォームをまとうことで初めて"アイドル"となり、『女という性をあからさまに武器にしながら、一般人が簡単に触れることはできない、アンビバレントな存在である』というメッセージを発信しているのです」

この続きをみるには

この続き: 5,612文字 / 画像1枚

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サイゾー
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)