「週刊ゴング」編集長が語る「マスコミたちは、"難しいだろう"という反応です。」それでも盛り上がるプロレスメディアの今

「週刊ゴング」編集長が語る「マスコミたちは、"難しいだろう"という反応です。」それでも盛り上がるプロレスメディアの今

――2007年に休刊した人気プロレス専門誌「週刊ゴング」が、このたび復刊した。プロレスブーム再燃の様子は、こうした各メディアにもはっきりと表れているようで……その変遷を追った。

「ゴング」にかける熱い想いを語ってくれた金澤氏。復活するGKがどんなプロレスメディアを世に放つのか、楽しみだ。

2006年に「週刊ファイト」(新大阪新聞社)、その翌年には「週刊ゴング」(日本スポーツ出版社)といった専門雑誌の休刊が相次ぎ、受難の時代を迎えたプロレスメディア。その後、スポーツ新聞での扱いも年々少なくなるなど、苦境を呈していたが、12年頃から、メディアを含むプロレス業界全体が、にわかに活況を取り戻してきている。

その、最新トピックとなるのが「ゴング」復刊(9月9日に発売)のニュースだろう。不況にあえぐ現在の出版業界において、休刊していた雑誌が復刊することは、プロレス専門誌に限らず奇跡的なこと。そんな新生「ゴング」(徳間書店)の編集長であり、元「週刊ゴング」編集長でもあるGK(ゴング金澤)こと金澤克彦氏に、その復刊に至る経緯を聞いた。

「復刊の話は、『ゴング』休刊時の版元の社長で、商標権を持っていた前田(大作)氏がいろんな関係者に『ゴングをまたやらないか?』と声をかけまくっていたことが発端でした【註:その後前田氏は、社長を兼任していたコンピューター周辺機器製造「アドテックス」をめぐる民事再生法違反事件にて逮捕された】。彼は当時、人を介して僕にも接触してきたんですが、まったく信用のできない人だったので断っていたんです。そんな中、『KAMINOGE』(東邦出版)の編集長・井上(崇宏)君にもその話がきたそうで。結局それもとん挫したものの、2年ほど前に『ゴングの版権を前田氏が更新していない』という情報を某出版社の知人から聞かされまして。その話を井上君に伝えたところ、『ゴングの権利を正当な手段で取れたら、金澤さん、絶対編集長をやってくださいよ!』と言って、彼が1年くらい前からいろいろな出版社に働きかけてくれたんです。『井上君がそう言うなら』と、実現に至りました」

この続きをみるには

この続き: 4,882文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

「週刊ゴング」編集長が語る「マスコミたちは、"難しいだろう"という反応です。」それでも盛り上がるプロレスメディアの今

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)