【千原ジュニアと岩井志麻子】が語る2局の裏側と"東京ローカル"の底力!

『ざっくりハイタッチ』レギュラー・千原ジュニア
「テレ東はケンカは弱いが泣いたらめちゃくちゃ本領を発揮する」

――テレ東バラエティでは、もはやおなじみとなった千原ジュニア。彼が感じる”テレ東イズム”を聞く。

僕は関西出身なのでテレ東にゆかりもなく、局に対するイメージもなかったんですが、『やりにげコージー』で仕事を始めることになってから抱いたイメージは、”隅っこのテレビ局”でしたね。もう10年以上の付き合いになりますが、良い局ですよ、テレ東は。なんせアホですから。もちろん、良い意味で。

“テレ東の深夜”という言葉が持つ面白さってあると思いませんか? フジの深夜、日テレの深夜といわれても、イメージはぼんやりしてる。かといって、テレ東の深夜という言葉の明確な答えはないけど、”チープさ””むちゃくちゃ”とか、いろんな意味を持つ希少価値がある。

それとね、その昔、『やりすぎコージー』がテレ東から賞をいただけるということがあったんですが、決定後の放送が、「いろんな芸人が小杉(ブラマヨ)の肛門に歯ブラシを突っ込む」っていう内容だったんですよ。そしたら当時のテレ東の社長がおかんむりで、見事に賞は剥奪。「申し訳ないんですが、賞はナシということで……」って言われましたけど、ようそこで収めてくれたなと。普通なら剥奪どころか、番組打ち切りでしょ?(笑)

続きをみるには

残り 1,543字 / 1画像

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?