本当の“黒幕”は誰だ!椛島有三から櫻井よしこまで、日本会議界隈の要注意人物リスト

――右翼団体会長、首相補佐官、憲法学者、ジャーナリスト……。日本会議を語る上で本当に注視すべきは、これらの人物かもしれない。

■日本会議の素をつくった男
椛島有三

日本会議の事務総長。生長の家の学生組織を出発点とする右翼団体・日本青年協議会を70年に結成し、現在は会長を務める。日青協は77年より日本会議の前身「日本を守る会」に合流。このとき、椛島が実質的に守る会の事務を取り仕切るようになり、「元号法制化運動」を成功させたことなどから、「日本会議の源流をつくった男」と呼ばれる。

■安倍晋三の盟友中の盟友
衛藤晟一

参議院議員、内閣総理大臣補佐官。生長の家の学生組織出身で、椛島が立ち上げた日本青年協議会でも委員長を務めるなど、ルーツ的にも日本会議ともっとも関わりの深い政治家の1人である。安倍首相とは憲法改正、教育問題、歴史認識などにおいて政治理念が一致し、行動を共にすることも多いため、メディアでは「盟友中の盟友」と報じられている。

この続きをみるには

この続き: 2,738文字 / 画像18枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

本当の“黒幕”は誰だ!椛島有三から櫻井よしこまで、日本会議界隈の要注意人物リスト

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)