ブラック企業よりもヤバい!自爆営業、横領、自殺……日本郵政のキケンな病理

ブラック企業よりもヤバい!自爆営業、横領、自殺……日本郵政のキケンな病理

――今年も年賀状の販売が始まったが、新年の挨拶はメールやLINEで済ませようとしている読者も多いだろう。そんな時代にもかかわらず、日本郵便の社員がノルマ達成のために年賀状を自腹で買い取る“自爆営業”が近年取り沙汰されている。さらに、ヤバい話はそれだけではないようだ。民営化から7年がたった今、日本郵政グループの暗部をほじくり出したい。

■郵便事業は、もはや”お荷物”
日本郵便

売上高:2兆7739億円(14年3月期)
純利益:329億円(同)
総資産:4兆8017億円(同)
社員数:約19万7000人
郵便事業、国際・国内物流事業を行うほか、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の窓口業務の代行、不動産業、物販業などを行う。「小さい郵便局で窓口に立つのは、だいたい非正規社員。正規社員は、外回りをしてかんぽ生命の営業するなどの仕事が多い。かんぽ生命は営業をがんばればがんばるほど成果が上がるけど、年賀状なんてがんばったところでたかが知れてるでしょ。会社は、郵便事業は切り離してほしいというのがホンネ」(日本郵便社員)

この続きをみるには

この続き: 5,493文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

ブラック企業よりもヤバい!自爆営業、横領、自殺……日本郵政のキケンな病理

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)