【敏腕マネ】のあまりに杜撰な独立に疑問視も、「飯島マネは私たちの憧れです!」――女性芸能マネージャー座談会

――さて、今回の騒動を実際に芸能の現場にいるマネージャーたちはどう見ていたのだろうか? マネージャーという職業に就く方々に集まってもらい、芸能界の裏方として、そして女性の生き方として今回の騒動についての意見を聞いた。

かなり事務所寄りに報道されたが、違和感を覚えたスタッフが多かった様子。

A:40代・大手芸能事務所
B:30代・中堅芸能事務所
C:30代・音楽系プロダクション

――今回の騒動は、SMAPの飯島三智マネージャーの独立が発端になりました。そこでここでは、女性に限定して芸能マネージャーさんにお集まりいただき、芸能マネージャーから、そして女性という立場から今回の騒動をどう見ていたかをうかがいたいと思います。まず、みなさんは今回の騒動をいつぐらいに知りましたか?

A ちょうど1年前ですね。2015年1月の「週刊文春」(1月29日号)が、メリー喜多川副社長のインタビューを掲載した頃で、そのときは飯島三智マネージャーだけが退社するという話でしたが。

B 私が聞いたのは昨年の夏頃で、飯島マネージャーについていく形でSMAPも田辺エージェンシーかケイダッシュかに円満移籍するのではないか、という噂になっていましたね。あくまでも25周年のドル箱のコンサートツアーが終わったあとだと思っていましたけど。

C うちもその頃です。音楽系アーティストを抱えているので、ジャニーズ事務所にお家騒動があるとジャニーズ事務所の息のかかる『ミュージックステーション』(テレビ朝日)への出演枠にどう影響するかなど、関心事が多いんです。『SMAP×SMAP』(フジテレビ)へのプロモーション出演も数カ月単位で打ち合わせしているだけに、いざ、お家騒動となったときに巻き込まれないように早くからマーケティング担当者がリサーチを入れていました。

この続きをみるには

この続き: 2,939文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【敏腕マネ】のあまりに杜撰な独立に疑問視も、「飯島マネは私たちの憧れです!」――女性芸能マネージャー座談会

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

こちらでもピックアップされています

SMAP解散報道とマスコミの死【2016年3月号第3特集】
SMAP解散報道とマスコミの死【2016年3月号第3特集】
  • 3本
  • ¥300
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。