人を良くする“食”に生きる!【園山真希絵】レシピ動画ブームを斬る!?

――クラシル、TASTY、C CHANNEL……今は空前のレシピ動画ブームで動画サービスも乱立状態。ただ、やっぱり各動画メディアごとの内容の違いはわからない! そこで、食作家・園山真希絵氏に違いを分析してもらおう。

(写真/若原瑞昌・D-CORD)

 昨今の似たり寄ったりのレシピ動画を、どのように分析すべきなのか? こちらの記事ではマネタイズや戦略による違いがあることは判明したが、それでもSNSで流れてくる分では、その内容の違いはわからない。果たして調理方法や出来に違いはあるのだろうか?

「人を良くする、と漢字で書く“食”で私は生まれ変わったんです。それが伝わるようならいいのですが、いわゆるレシピ動画は、まるでロボットが作っているみたいですね(笑)。それはそれで面白いですし、時代には合っていますが、もっと素材に対して愛情を持った手のぬくもりが感じられたらいいなと思います」

 そう語るのは、前頁でも登場した食作家・園山真希絵氏。自身も一度、レシピ動画制作に携わったこともあるが、普段レシピ動画はあまり見ないという。

この続きをみるには

この続き: 2,338文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

人を良くする“食”に生きる!【園山真希絵】レシピ動画ブームを斬る!?

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)