"映画とかで見るやつ"もやってます! 最新版! 諜報活動の5大テクニック

――情報収集に尾行、盗撮、盗聴etc."スパイ"といえば、その"テクニック"も気になるところだろう。ここでは、そんな手法の一部を紹介しよう。

[狙い目は満腹な午後2時!]
【1】インタビューテク

諜報活動の基本は、人から情報を聞き出すこと。そのため、身分欺騙をして行われる"インタビュー"にはさまざまな手法が用いられる。まずは、相手との共通点を見つけて話を展開する「ラポール法」、権威に弱い相手に対し"すごい人だ"と思わせる「後光効果法」など、カウンセラー並みの尋問テクを駆使し、話を聞き出していく。

[現場を押さえるチーム戦]
【2】尾行テク

尾行は「無から有を生み出す」大事な作業。主に、対象者が情報源となる人物とやりとりする場面を押さえることが目的となる。証拠を押さえるために、洋服のボタンに偽装した隠しカメラや、30メートル以上離れた場所から会話を聞き取る超指向性マイクなどを駆使し、チームで連携を取りながら行う。

この続きをみるには

この続き: 2,534文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

"映画とかで見るやつ"もやってます! 最新版! 諜報活動の5大テクニック

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)