サイゾー
シャレオツリーダーMEGが語るブランド継続の秘訣と甘い誘惑
見出し画像

シャレオツリーダーMEGが語るブランド継続の秘訣と甘い誘惑

サイゾー

――音楽活動をメインとしながら、自身のアパレルブランドを立ち上げるアーティストは少なくないが、成功する者はほんの一握りといっていい。そんな両者の深き関係と、ブランド継続の秘訣を、おしゃれアイコンとして活躍するアーティスト、MEGに問う。

2002年、岡村靖幸プロデュースのシングル「スキャンティブルース」で音楽業界に彗星の如く登場したMEG。アーティストとしてデビューする以前から『Cutie』(宝島社)や『Zipper』(祥伝社)などのファッション誌にモデルとして登場し、時には表紙を飾ったりと、ファッションアイコンとしての側面も持ち合わせていた。そんな彼女は、精力的な音楽活動に加え、自らデザイナー/プロデューサーを務めるアパレルブランド「Carolina Glaser」(カロリナ・グレイサー)を06年に立ち上げたことで、ファッション業界からも耳目を集める存在となった。

MEGをはじめ、国内外問わず音楽業界には自身のアパレルブランドを持つアーティストは数多く存在する(詳細は別項を参照)。しかし、気がつけばブランドが倒産していたり、音楽活動から撤退しアパレルビジネスがメインになっていたりと、なかなかどうして音楽とファッションの両立は難しい。また、アーティストが自身のブランドを立ち上げるという動きに目を向けたとき、ことダンスミュージックを主戦場とするアーティストのほうが、親和性が高いように見受けられる(実際にロック畑のミュージシャンなどは自分のアパレルブランドを持つ、というよりは、既存ブランドとのコラボ商品が多い)。

この続きをみるには

この続き: 5,220文字

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サイゾー
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)