サイゾー
音楽性に長けてりゃ、洋服もそりゃおしゃれ! 独自ブランドを展開する洋邦のアーティスト

音楽性に長けてりゃ、洋服もそりゃおしゃれ! 独自ブランドを展開する洋邦のアーティスト

サイゾー

――おしゃれなアーティストがブランドを立ち上げることが必然なのか、それとも純粋にお金儲けのためなのか?国内外で音楽性&ファッション性が際立つアーティストが手がけるアパレルブランドを覗き見してみたい。

インタビューでMEGが話したように、音楽活動を続けるかたわら、自身のブランドを立ち上げ、サイドビジネスとしてメイクマネーしているアーティストは、洋邦問わず多い。

ことファッションに敏感で、聴く者が皆、影響を受けやすいヒップホップ・ミュージックにおいては、ファレル・ウィリアムスがプロデュースする「Billionaire Boys Club」【1】の勢いが盛んだ。ビルボードチャートで見事首位を飾ったシングル「Happy」の好結果も相まって、「ファレルが着てるTシャツがイカす!」「ファレルがかぶってる帽子が欲しい!」など、世界中で ハッピー症候群 が急増中。とことんおしゃれ街道まっしぐらである。

この続きをみるには

この続き: 1,402文字 / 画像7枚

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サイゾー
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)