スマニュー大躍進でどれだけ儲かってるのか!? ニュースメディア乱立の功罪

――グノシーやスマニューが巨額調達を実施したり、バイラルメディアも雨後のたけのこのごとく急増している。このなかから、スマホ用のニュースアプリのトップ企業になるのはどのメディアか? アプリを作り、バイアウトを目指す昨今の風潮を追いつつ、すでに雌雄決した感のあるニュースメディアを俯瞰してみよう。

『ゼロからはじめる スマートフォン最新アプリ Android対応 2015年版』(技術評論社)

スマートフォンの世帯普及率が50%を超え、それに合わせてか、「ニュースアプリ」の台頭が目覚ましい。ニュースアプリとは、「キュレーションメディア」などとも呼ばれ、新聞社や、ウェブメディアが配信する膨大なネット上の記事を、独自のアルゴリズムで選別して自メディア上に取得、読者に届けるサービスである。

この続きをみるには

この続き: 4,185文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

スマニュー大躍進でどれだけ儲かってるのか!? ニュースメディア乱立の功罪

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)