【稲村亜美スペシャルグラビア】Fカップの逆転満塁本塁打――「子ども中心の生活が私の理想なんです。」

【稲村亜美スペシャルグラビア】Fカップの逆転満塁本塁打――「子ども中心の生活が私の理想なんです。」

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

【10 YEARS OLD】野球漬けで地元のお祭りにも出て誕生日はもちろん焼肉!

「小中学生の9年間、男の子に混ざって硬式野球をやっていました。もともと2人の兄がやっていたので、初めは遊び感覚でしたね」

 小学生の頃は、日焼けをしていつも真っ黒。地元のお祭りで毎年お神輿を担ぐような、非常に活発な少女だったという。その頃の誕生日の記憶はといえば、焼き肉。とはいっても、そもそも週に2回は焼き肉屋に足を運ぶという家庭だったそうだが。

「野球は、中2になった頃から、あれ、おかしいな? って。その頃にはもうチームのなかに女の子は私ひとりだけになっていたんですけど、どうしても男女差が出てくるんですよね。悔しいというより、不思議な気分でした。あれ、みんないつの間にそんなに足が速くなったんだろう? って」

この続きをみるには

この続き: 2,154文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【稲村亜美スペシャルグラビア】Fカップの逆転満塁本塁打――「子ども中心の生活が私の理想なんです。」

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)