赤字、会員数の伸び悩み……死にゆく動画サイト、その敗因を考える

『できる100ワザ USTREAM ユーストリーム パーフェクトテクニック』(インプレスジャパン)

「誠に遺憾ながら、○月○日をもって、サービス終了となります」――有料であっても会員数を順調に伸ばし、猛威を振るう動画サイトがある一方で、ひっそりと姿を消していくサイトも。去る6月30日、スマホ向け動画サービスとして12年4月に開局した「NOTTV」が、すべてのサービスを終了。その理由は「想定していた会員数獲得に至らず、今後の事業継続が困難」とのことだったが、開局からたった4年で幕を下ろすこととなった。インターネット動画サイトに詳しいライター橋本修氏は、動画サービス終了の原因を次のように語る。

「動画サイトが支持される大きな理由は、無料/有料問わず、ユーザビリティの評価が一番大きい。もちろん、充実したコンテンツも大事ですが、“サイトならではの長所”をユーザーは無意識に求めています。YouTubeは頻繁に仕様を変えてユーザーを困惑させることもありますが、使い慣れたサイトであれば、ユーザーもすぐに慣れる。つまり、飽きさせることなく、ある種“依存”させることが重要です。また、開始当初は画期的であったUstreamは、広告の強制挿入やチャンネル作成の制限など、サービス根幹の改悪がユーザー離れを加速させ、日本を含むUstream Asiaのサービスから撤退しています。ニコ生やツイキャスと比較して、クイックさに欠けるのも要因のひとつです。ツイキャスやVineなどが中高生から支持されている理由は、細かな準備が不要で、手早く配信できる点でしょう」

この続きをみるには

この続き: 934文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

赤字、会員数の伸び悩み……死にゆく動画サイト、その敗因を考える

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

この記事が入っているマガジン

動画タブー大全【2016年10月号第1特集】
動画タブー大全【2016年10月号第1特集】
  • 23本
  • ¥500
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。