華々しいモデルの仕事の裏側を暴露! 性接待、パワハラ、ドラッグ……現役モデルたちの覆面座談会

――華やかなイメージのあるファッション・モデルの世界。しかし、その裏側をのぞいてみると、ファッション誌やブランドにこき使われる撮影現場、不純すぎる異性交遊、蔓延するドラッグ……シビアでヤバい話がゴロゴロと転がっている!? タイプの異なるモデルたちに、知られざる"現実"を語り合ってもらった。

[座談会参加者]
A…元ギャル雑誌モデル(20代女性)
B…ビューティ誌モデル(20代女性)
C…青文字系雑誌モデル(20代女性)
D…外国人モデル(30代男性)

A モデルになったのは、10年くらい前に渋谷のセンター街でギャル雑誌「E」の編集部員に声かけられたのがきっかけだね。あの頃の私はまだ高校生で、日サロに通って肌を黒くしてたな(笑)。ただ、事務所には入らず仕事してたね。今は読モでも事務所入ってる子が多いけど、昔はそうでもなかった。

B 私は10代の頃、あるセレクトショップが主催するクラブ・イベントに行ったら、某ストリート系雑誌のパーティスナップに載ったんだよね。それからその雑誌で定期的に仕事をするようになったけど、年を重ねるにつれて、読者の年齢層と合わなくなって仕事が減ってしまい……。その代わり、「V」や「M」といったビューティ誌の仕事が増えたから助かった。

C 私は地元にいた頃、モデルがDJをするようなファッション系のクラブ・イベントに行ったときに、今の事務所の人に名刺をもらったよ。当時、レプロエンタテインメントのオーディションも受けてたんだけど、そっちが不合格になったので、名刺をくれた人に「上京するので事務所に入りたい」と連絡してね。

D アメリカで日本語を勉強していた僕は、その語学力を生かせる仕事を探そうと10年ほど前に来日。で、アメリカにいた頃に知り合った日本人カメラマンの友人に「モデル事務所に登録してみたら?」と勧められて登録したのがモデルになったきっかけ。ただ、ギャラは事務所に半分も取られるんだよね。それなのに、事務所は全然営業してくれない。いまだに街で雑誌にスカウトされて仕事が決まったり、自分でオーディションを探して受けに行ったりしているよ。

この続きをみるには

この続き: 6,211文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

華々しいモデルの仕事の裏側を暴露! 性接待、パワハラ、ドラッグ……現役モデルたちの覆面座談会

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)