ゲス極。は韓流スターのバッタもんみたい!? ヘア&メイクさんに聞く“前髪重い系”バンド辛口チェック!

――ヘア&メイクさんに、今話題の“前髪重い系”バンドのフロントマンの髪型について聞いてみた!

サカナクション
山口一郎

「MUSICA 2011年3月号」(FACT)より

■ヘア&メイクさん辛口コメント
目の際ギリギリの前髪が、知的でセンシティブな印象を与えて魅力的! バンドの世界観とマッチした、オシャレ偏差値の高い“黒髪イケメン”といえると思います。しかし実はこの髪型、小顔効果だけではなく、我が国の伝統的ヘアスタイル「七三」と同じように、日本人に多いM字ハゲ隠しに最適なんですよ。山口さんをきっかけにして、薄毛が気になり始めたサブカル系アラサー男子の御用達ヘアとなるかもしれませんね。染めてなくて黒髪のままだから、頭皮や財布に優しいのもポイントが高いと思います!

サカナクション
山口一郎(ボーカル・ギター)、岩寺基晴(ギター)、草刈愛美(ベース)、岡崎英美(キーボード)、江島啓一(ドラム)の5人組バンド。2005年結成、2007年にビクターエンタテインメント内のBabeStar Labelよりメジャーデビュー。作詞・作曲担当の山口一郎が2015年11月放送の『情熱大陸』(TBS系)で右耳の突発性難聴を告白し話題に。2012年「VOGUE JAPAN」の誌面を飾ったり、山口は2016年春夏パリコレにサウンドディレクションとして参加したりするなど、オシャレにも敏感な模様。

「GiGS 2011年11月号」(シンコーミュージック・エンタテイメント)

この続きをみるには

この続き: 1,461文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

ゲス極。は韓流スターのバッタもんみたい!? ヘア&メイクさんに聞く“前髪重い系”バンド辛口チェック!

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)