【YOUNG HASTLE】オレのラップは『SLAM DUNK』の"三枚目"な桜木花道のスタンスに影響された

YOUNG HASTLE(やんぐ・はっする)
1984年生まれ。中3でキングギドラに衝撃を受け、18歳でラップを始める。その肉体美は、日本語ラップ界随一。代表曲は「V-Neck T」「Workout」「Blackout」など。DJ-TY KOHと共同で『TYH The Mixtape』を発表したばかり。

 好きな不良マンガというと、『SLAM DUNK』【1】かな。スポーツマンガだけど、主人公の桜木花道はもともと不良で、バスケを通して大人になっていく話じゃないですか。三井寿が率いる不良たちとバスケ部員が殴り合ったりもしたし。そんな『SLAM DUNK』は初めて買ったマンガなんですよ。確か、小学3年生の頃だったと思う。

『SLAM DUNK』といえば、パンチラインが多いですよね。その中だと、ベタだけど、最後の山王戦で背中をケガした花道が、出場を引き止めた安西先生に〈オヤジの栄光時代はいつだよ… オレは今なんだよ!?〉と言い放つシーンは、やっぱりカッコいい。ハラをくくるときはくくるっていう花道のあのスタンスは、今考えるとヒップホップ的かもしれない。『SLAM DUNK』には、そういうマジメな場面やシリアスな要素もあるけど、一方でギャグの要素も入っていますよね。で、シーンに応じて絵のタッチが使い分けられてたのが面白かった。

この続きをみるには

この続き: 796文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【YOUNG HASTLE】オレのラップは『SLAM DUNK』の"三枚目"な桜木花道のスタンスに影響された

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)