元”スパイ”が活動内容を告白! 「別班」は防衛省の”スパイ機関” 知られざる日本の諜報活動の実態

――"スパイ"といえば、何を想像するだろうか。アメリカのCIA、イギリスのMI6、イスラエルのモサドetc…諸外国の機関を思い浮かべる人は少なくないだろう。しかし、我が国にも、彼らと同じ"スパイ"を有する国家組織がある。果たして、その隠された正体とは──?

『日本スパイ養成所陸軍中野学校のすべて』(笠倉出版社)

 日本の"情報機関"といえば、内閣情報調査室、警察庁警備局、公安調査庁、防衛省情報本部、外務省国際情報統括官組織といったところが、その主たるものだろうか。

 そして、この中にいわゆる"スパイ"、"スパイ・キャッチャー"と呼ばれる諜報員を要する組織がある。それが、警察庁警備局の外事警察、防衛省情報本部、外務省国際情報統括官組織だ。

 そもそも、スパイとは「諜報活動をする人」(『デイリーコンサイス国語辞典』より)のこと。中でも、情報の世界では「国家の情報機関に所属して、他国の情報を集める人」を指すという。アメリカの中央情報局(CIA)、イギリスの秘密情報部(MI6)、イスラエルの諜報特務庁(モサド)などの諜報員といえば、なじみがあるだろうか。

 彼らは国家機関の人員であるにもかかわらず、国際法上、「保護されない対象」、つまり、軍服を着用せず、相手側に入り込むような形で情報収集を行う要員であり、ジュネーヴ条約で保護されない。万が一捕虜となれば、その命は保障されていない存在なのだ。

この続きをみるには

この続き: 3,443文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

元”スパイ”が活動内容を告白! 「別班」は防衛省の”スパイ機関” 知られざる日本の諜報活動の実態

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

こちらでもピックアップされています

ニッポンのタブー2015【2015年3月号第1特集】
ニッポンのタブー2015【2015年3月号第1特集】
  • 21本
  • ¥500
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。