韓国の制作会社が日本人編集者を引き抜き?――韓国ウェブトゥーンが猛威を振るう日本マンガアプリ市場

韓国では、「ウェブトゥーン」というPCやスマホで読むマンガが早くから発展。そして今、韓国資本のLINEマンガ、comico、ピッコマといったアプリが日本のマンガ市場で存在感を放つ。これらアプリのビジネスモデルをひもとき、そこで配信されるヤバい作品を挙げながら、ウェブトゥーンの強度を探りたい。

XOYのテレビCMには、マンガ好きを自称する広瀬アリスが出演。

 近年、スマホで読めるマンガアプリが続々と登場し、その利用者も急増している。2017年3月にニールセンが発表したマンガアプリ利用状況によると、同年2月の月間利用者数は1位が「LINEマンガ」の279万人、次いで「comico(コミコ)」の260万人、3位は「マンガワン」の247万人で、4位以下は月間100万人規模の「マンガボックス」「少年ジャンプ+」「GANMA!(ガンマ)」と続く。

 LINEマンガは日本国内で累計1600万ダウンロード(17年3月時点)を超える日本最大のマンガアプリ。運営元はLINEであり、同社は韓国最大のインターネットサービス会社、NAVERの子会社である。2位のcomicoは、LINEと兄弟関係にあるNHN comicoが運営。つまり、利用者数トップ2が、いずれも韓国資本のマンガアプリなのだ。

 さらに、「XOY(ジョイ)」の運営元もNAVERだが、ムロツヨシ出演のテレビCMで知られる「ピッコマ」は、メッセンジャーアプリのカカオトークを展開し、韓国ではNAVERのライバルであるDAUMカカオの日本法人、カカオジャパンが運営する。

 韓国のマンガアプリに特徴的なのが、「ウェブトゥーン」と呼ばれるスマホのUIに合わせた縦スクロール形式のマンガである。日本では、comicoで連載中で、アニメ化・映画化された人気作『ReLIFE』(夜宵草)により広く知られた。

 なお、comicoやXOYはこのウェブトゥーンに特化したアプリであり、韓国人作家によるウェブトゥーンを日本向けに翻訳・ローカライズ(登場人物の名前を日本名にしたり、地名や紙幣を日本のものにしたりする)した作品や、『ReLIFE』のような日本人作家の作品を扱う。一方、LINEマンガとピッコマは、日本の各出版社の連載マンガを掲載するプラットフォーム型のアプリで、後者はオリジナルのウェブトゥーンも扱う。

 日本のマンガアプリ市場は、これら韓国勢に押されつつあるのだ。

 まず、日本と韓国のマンガアプリのビジネスモデルは、どう違うのか? マンガやネット文化に詳しいライター/編集者の飯田一史氏によれば、韓国勢の特徴は「基本的に広告を入れず、コンテンツを売ろうとしている」点にある。

この続きをみるには

この続き: 5,186文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

韓国の制作会社が日本人編集者を引き抜き?――韓国ウェブトゥーンが猛威を振るう日本マンガアプリ市場

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

この記事が入っているマガジン

マンガ(裏)レビュー【2018年2月号第1特集】
マンガ(裏)レビュー【2018年2月号第1特集】
  • 23本
  • ¥500
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。