一般市民襲撃、歴史改変、北朝鮮との戦闘……現役自衛官が見る自衛隊“協力拒否”映画レビュー

――こちらの記事でも見てきた自衛隊協力“拒否”について、具体的に何がNGだったのか─改めて、現役自衛官にもレビューしてもらった。

■元祖・自衛隊協力拒否映画
『野性の証明』

公開:1978年 監督:佐藤純彌 製作:角川春樹事務所

[自衛隊的NG度]★★★★★
特殊能力を持つ少女と、東北虐殺事件現場に居合わせた自衛隊員が、国家の陰謀に巻き込まれる様子を描いた作品。「元自衛官の主人公が一般市民を殺害し、架空の自衛隊特殊部隊と主人公が殺し合うなんてストーリーは、完全NGでしょう。また、特殊部隊がハンググライダーに乗って急襲したり、戦闘シーンの撮影はアメリカで行われたため、登場する兵器は自衛隊にはない米軍のものだったりと、演出のリアルさの面でもNGが多いですね」

この続きをみるには

この続き: 2,397文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

一般市民襲撃、歴史改変、北朝鮮との戦闘……現役自衛官が見る自衛隊“協力拒否”映画レビュー

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)