『キャプ翼』を子会社から出版に激怒!? 「ジャンプ」が作家囲い込み!?マンガ家奪取抗争勃発

『キャプ翼』を子会社から出版に激怒!? 「ジャンプ」が作家囲い込み!?マンガ家奪取抗争勃発

――「ジャンプ」黄金期のマンガ作品は今でも人気が高く、他誌で連載されたその新続編がドラマ化されることも。しかしそんな状況に集英社も業を煮やしているという……。

(絵/小笠原徹)

 各出版社では、あの手この手で良作を世に出そうと必死だが、数年前からひとつの潮流になっているのが、「週刊少年ジャンプ」(集英社)出身のマンガ家による他誌での新続編作品だ。特に黄金期と呼ばれた1985~95年頃に同誌と専属契約を結んでいたマンガ家が、契約を終了し他誌へ移る例は後を絶たない。

「ジャンプ」といえば、当時マンガ家がもっとも作品を載せたい雑誌であり、その掲載ハードルも当然高い。最近でこそ「ジャンプ」に持ち込みをかけて落とされたマンガ家が、他誌でブレイクする例もあるが、それでもいまだにその人気は別格だ。同誌の青年版「ヤングジャンプ」などでさえ、社内では格下扱いのようだ。

「『ジャンプ』作家の他誌起用だと、元『ジャンプ』編集長の堀江信彦氏が創刊した『週刊コミックバンチ』(新潮社)で、北条司氏の大ヒット作『シティーハンター』(集英社)の新続編『エンジェル・ハート』がヒットしました」(マンガ編集者)

この続きをみるには

この続き: 1,010文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

『キャプ翼』を子会社から出版に激怒!? 「ジャンプ」が作家囲い込み!?マンガ家奪取抗争勃発

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)