【ジャーナリスト・猪瀬直樹】日本で憲法改正はできない―- 政治家が口を閉ざす日米関係の正体

――日本の近代化の歴史を長年独自の目線で読み解いてきたジャーナリスト・猪瀬直樹氏は、著作の中で憲法成立過程にも言及してきた。マッカーサーらGHQは、果たしてどのように日本国憲法の成立に介入していたのか? 「押し付け」議論の根幹にあるすれ違いの要因を聞いた。

『戦争・天皇・国家 近代化150年を問いなおす』(角川新書)

──猪瀬さんは『東條英機 処刑の日』(文春文庫)でマッカーサーらによる日本国憲法制定の過程を克明に描き、田原総一朗さんとの共著『戦争・天皇・国家 近代化150年を問いなおす』(角川新書)では成立過程を含めた日本の近現代を論じておられます。そこで、日本国憲法がどのような成立過程を経ているのか、あらためてお伺いしたいと思います。

この続きをみるには

この続き: 3,090文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【ジャーナリスト・猪瀬直樹】日本で憲法改正はできない―- 政治家が口を閉ざす日米関係の正体

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

こちらでもピックアップされています

「憲法論」再考【2015年9月号第二特集】
「憲法論」再考【2015年9月号第二特集】
  • 4本
  • ¥300
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。