創価vs幸福の科学どっちの不動産ショー!? 白金と信濃町、団体の性格が見えるその配置

――日本の新宗教界で長きに渡って存在感を発揮してきた創価学会。対して幸福の科学は、近年政党活動に乗り出したり、凄まじい速度で「霊言本」を刊行し続けたりと、話題に事欠かない団体だ。この2つの東京23区の施設分布を見ると、両団体の取っている方向性が見えてくる。


港区ギリシャ化計画!? 
幸福の科学
■「大川」の表札かかる建物も

設立/1986年 指導者/大川隆法 信者数/1100万人(自称/09年時点) 東京23区内主要施設数/22カ所 主な地域/港区高輪

いつ頃からか東京都内で目につくようになった、驚くほどド派手なギリシャ風の建築物。それが幸福の科学の施設であることは、意外と知らない人もいるようだ。総合本部は品川区に置かれているが、メインとなる建物は、港区・高輪の泉岳寺駅前にそびえる「東京正心館」。そしてこの建物を中心に、「白金門前支部精舎」、大川隆法一家が生活を送っているらしい「大悟館」、「僧坊」等が港区白金地域に密集しており、一種の聖地となりつつある。

この続きをみるには

この続き: 1,683文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

創価vs幸福の科学どっちの不動産ショー!? 白金と信濃町、団体の性格が見えるその配置

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

こちらでもピックアップされています

新アングラ東京学[2015年1月号第1特集]
新アングラ東京学[2015年1月号第1特集]
  • 16本
  • ¥500
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。