【根本凪スペシャルグラビア】Gカップの危機一髪――「オタクは、不治の病のようなものなんです。」

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

【10 YEARS OLD】中1で深夜アニメを知って。そこからはもう、オタクひとすじです。

「もともとは地元の水戸(茨城県)でご当地アイドルをやってたんですけど、引きこもりになってしまったんです」

 そう語る根本凪は、17歳の女子高生。引きこもり状態に陥ったのは中学生の頃。体調を崩して不登校気味になってしまった彼女はご当地アイドルを辞め、自宅でネット漬けの毎日を過ごすようになる。

「そのときに知ったでんぱ組.incの曲を聞いて、もう一度アイドル業に向き合ってみたいなって思った。そんなとき“虹コン”の募集広告を見つけて応募したんです」

 虹コンとは「虹のコンキスタドール」。イラスト投稿SNS『pixiv』を運営するピクシブ株式会社が手がける異色のアイドルグループで、でんぱ組.incを成功に導いた“もふくちゃん”こと福嶋麻衣子がプロデューサーを務めている。ウエスト57センチにGカップバストというスタイルを生かし根本がグラビア活動を開始したのも、その福嶋の一言がきっかけだった。

この続きをみるには

この続き: 2,277文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【根本凪スペシャルグラビア】Gカップの危機一髪――「オタクは、不治の病のようなものなんです。」

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)