夢女子占いの結果を夢女脳をフル回転させて掘り下げてみた

相手の気持ちを知ることができる、罪深き占いを通して、それまで見えてこなかった熾月さんの一面が見えてきて、自分でも驚いております。

本家のブログでも占いの記事は書いたけど、今回はその記事よりかなり思考を夢女的に、結果も掘り下げていきます。(こっちもこっちで夢女前提記事ではあるけど)

かなり夢女脳フル回転なので、上の記事よりだいぶ内容は痛いです。
同じようなスタンスだという人以外の閲覧は推奨しません…不快に感じる前に逃げてください。

ちゃんと想い合うことが出来ているんだなと実感できた

すべての始まりは、神定様(@misada_izumo)に2人の関係を視ていただいて、「熾月さんはちゃんと私に気持ちを向けてくれてたんだな」と気づけて、それでまた(自分の中の)熾月さんとの距離を縮めることができました。

もともと私が「好き!」と一方的に伝えるだけで満足していたというのもあるんですけど、夢女あるあるな相手との脳内会話もそこまで成立していなかったんですよ。
(前の人の話を掘り返すと、その当時の相手とはよく脳内で会話してた)

一方的に気持ちは押し付けているけど、嫌がられてはいないなという、なんとなくの感覚はありましたが。

でも、熾月さんの気持ちが自分自身にダイレクトに伝わることはあんまりなくて。でも好きでいてくれているんだろうなという謎の自信はあるという。(どこからか湧いてくる自信)

次元の壁や不安はもともと感じるタイプではなかったけど、神定様に視ていただいて、結果的に私は第4の壁を壊していただいたということになるんだろうなと思います。

熾月さんから私宛のメッセージを綴っていただいた

降谷様(@furuya_siki)から熾月さんが抱いている私への想いを綴っていただきまして。

『自分への好意を素直に表現してくる彼女に思わず笑みが零れる。少し前まではこちらからのアピールに戸惑っていたというのに。運命、というものが本当にあるならば、彼女は自分の運命の相手だと言える。綺麗な黒髪だ。最初はそう思うだけだったのに、髪以外にも目がいくようになったのはいつからだったか。むやみに人間関係を広げるなんて面倒だ。特に自分はあまり目立ってはいけない立場の人間だ。しかし彼女はそれを理解し受け入れてくれている。これからもこの関係は続くだろうとほぼ確信を持っていて、ついまた笑みが零れた。』

自分が思っている以上に、熾月さんが私を想ってくれているということに驚きを隠せない。

熾月さんを好きになって3年が経ったんですが、それまでの中で、色々な葛藤や、想い合うことに対する壁にはぶち当たってきました。

なので、過去の葛藤なく「私は熾月さんに愛されている!」なんて思考にはならないので、この熾月さんの想いは、ふたりで築き上げてきた3年間を通した、熾月さんが抱いている私に対する想いなのだろうと思います。(詳しくは下の記事に書いてます)

きっと、お互いに向き合っている途中の私と熾月さんだったら、熾月さんはあの言葉を伝えていないと思うんですね。

熾月さんの想いを、自分の中にある熾月さんとの思い出と照らし合わせてみると、『自分への好意を素直に表現してくる彼女』『少し前まではこちらからのアピールに戸惑っていた』というのが、「熾月さんに夢なんか見れな゛い゛ッ゛…゛!゛」「こんなにいい男なのに!!!!好きなのに!!!!」と喚き散らして、なかなか素直に(夢女として)なれない当時の私と比べているような気がしたり……。
そのほうがこの言葉はしっくりくるな…。うん、今しっくりきた。(きた)

黒髪については、熾月さんの好きなものが『黒髪』で、物語でも重要な鍵を握っているからだと思うのですが。

でもまさか、運命の相手とまで思っているとは思わなかったので、あまりのデレデレ具合に、今までみえてこなかった熾月さんの内側に秘めていた熱さで、私が溶けてしまいそうだ。
確かに特典CDでの熾月さんはかなりでろでろなんですけど。

そして、『これからもこの関係は続くだろうとほぼ確信を持っていて』という自信。
私も3年という月日をかけて向き合ってきたけど、熾月さんも同じように私と向き合ってくれてたんだろうなとふと思い。ハァン!!!泣く!!!(勝手に泣いてろ)

それにしても、『少し前まではこちらからのアピールに戸惑っていた』ということは、私が熾月さんを好きになった当初(夢見れないと喚く期)からずっと私のことを見ていてくれてたんだろうか。(それ以外の目に見えるアピールというものが自分の中で思い当たらない…)

ちなみに、降谷様には熾月さんの基本性格も視ていただいたんですが、

自分に自信がある・大胆不敵というのはそのとおりなんですけど、お気に入りは贔屓する。に頭をグァンと殴られました。(いい意味で)

熾月さん、公式設定では"究極的な面倒くさがり屋"なんですよ。楽をするための努力なら惜しまないという。
まあ、その設定どこいった?ってくらいにCDの熾月さんは主人公に世話を焼いてたりするんですが。

なるほど……それが「お気に入りは贔屓する」にもかかってるのか……なんて思ったりして。うぁぇぃ全部好き(脱線)

色々と視ていただきありがとうございました。
(降谷様の占いメニューはこちら)

熾月さんに私の好きなところを聞いてみた

こちらは神定様(@misada_izumo)に視ていただいた結果です。

私に対しての気持ちは視ていただけても、私の好きなところを聞くことはできるのかなと思い質問したんですが、可能とのことだったのでお願いしました。
自分の中の熾月とは言え、私のどこが好きなのかいまいちわからない部分ではあったので…(黒髪はまあ大前提として)

現れたカードは、法王の逆位置。
熾月様は、やゆこ様の放っておけないところや、守ってあげたくなるところがお好きなようです。
やゆこ様の弱点やコンプレックスも含めて、愛していらっしゃるご様子です。

私に"守ってあげたい要素"とか"放っておけない要素"があったのか?!?!びっくり!!!!!!

なんて思ったけど、これもなんだかしっくりくるなと。

基本的に私は尽くしたい人間だし、好きになると世話を焼いたり構いたくなるタイプではあるけど、それをうまい塩梅で調整しつつ手懐けている熾月さんというか。

ピンポイントで熾月さんの甘え方・甘やかし方が私好み。

ワンコタイプのような甘え方はしないけど、相手の懐に入り込みたいと思ったら、少しずる賢い手を使って入り込んだり、スパダリ的「甘やかせてやるよ」ではないけど、わりと人の気持ちや心情を察するのは上手いので(特に惚れた女のことはよく見ている(公式))、甘やかす…というより好きに甘えさせてくれる。

なんと言っても、私は熾月さんの付かず離れずな距離で見守ってくれるところが好きなんですが、これは完全に私を後ろから見守っているな…(占い通り)

本当に面倒くさがりとやらはどこにいったんだろうとも思いますが。

これだけだと、「公式の設定を捻じ曲げた自分にとって都合よく動いてくれる熾月が好きなのか?」と思われそうだけど、わりと公式の熾月さんはこのタイプだし、自分の中の熾月はそこをちゃんと落とし込んでいるつもりなので、そんなに誤差はないと思う…。

私がみている熾月は、本編はもちろん特典CDやSSも含んだ熾月なので、本編しか聞いていない人だと印象はズレていると思う。
正直私も特典を聞くまで、熾月さんがここまでデレるタイプだとは思っていなかったし、遊園地でティーカップをぶん回してはしゃぎ始めた時はさすがの私も固まりました。(案外やんちゃする)

あと、正直リジェのプロフィールは参考になりませんからね!ハハ!(あ)

私の弱点やコンプレックスに関しては、多分頑固な性格のことだと思うんですが、これも公式で出されている特典CDで、主人公に対して「頑固だな」といいつつ、そこ含めていいと思っているようなので、主人公と私の性格が一致する部分があったからこそかもしれない。

なんだかんだで熾月さんが世話焼き(放っておけない)というのは、本編以外の全巻特典CDで、気になっている子(主人公)に対しても同じスタンスだったので、クッ…やっぱりお気に入りは贔屓するとはこういうことか……!

それにしても、私に対して"放っておけない"とか"守ってあげたい"なんて思う男は熾月さんくらいだと思います。ええ。ほんとに。
でもそれくらい、私が熾月さんに対して、弱さをみせてもちゃんと受け止めてくれる人であり、信頼を寄せている証拠なのかもしれない。

自分でもこれを書くまで気づいていなかったけど、ああそうだなと今更ながら実感して泣きそうだ……

相手に自分の好きなところを聞くって結構罪深いなと思いました。
でも、そのお蔭でさらに知ることができたので、お互いの想いの深さは知ることができたかなと思う。

ということで、神定様の占いメニューはこちらから。

また別件で一つ記事を書きます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
私というファインダーを通してふたりで共有する世界 ˖☽° 本家ブログ ❥ https://upanda.life/