新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

[CRISP CONNECT] 25,889回分のみんなの想いを届けることが出来ました。

こんにちは、CRISP代表のひろしです。

2020年7月3日をもって、新型コロナウイルスと闘う医療従事者・病院勤務者を支援する「CRISP CONNECT」の活動が一旦終了することとなりましたのでみなさんに報告させてもらいます。

初日は「113食」

2020年3月25日に始まった新型コロナウイルスと闘う医療従事者・病院関係者へサラダを無償提供する「CRISP CONNECT」の活動ですが、初日の3月25日の提供数は「113食」でした。

店頭でもたくさんの医療従事者の方から感謝の言葉をいただき、初日の夜には100人以上の方を笑顔にできたことを「こんなにたくさんの方に喜んでもらえた!」と、本当に嬉しかったのを覚えています。

それからわずか3ヶ月で2,000名以上から2000万円以上の支援、そして400名近くのボランティアサポーターグループによって、37の医療機関に「25,889食」ものサラダ(と一部ピザ)を提供することができるとは3ヶ月前は全く想像してもいませんでしたが、初日に113食提供した時にお互いが感じたあの心が温まるような優しい気持ちを、この数ヶ月で何千人もの前線で闘う医療関係者の方、そして支援者・サポーターのみなさんに感じてもらうきっかけに私たちがなれたのであれば、本当に何よりも嬉しいです。

そしてこの活動を可能にしてくれたCRISPのパートナー(従業員)のみんなにも本当に感謝してもしきれません!パートナーに対しての熱い想いをPHのマリちゃんが素敵なnote記事にしてくれていましたので、もし良ければ読んでみてください。

CRISP CONNECT の今後の活動について

最前線の医療機関では緊張が続いており、また私たちが支援しきれていない医療機関もまだまだありますが、同時に私たちの初期の役目はある程度は果たすことができたのかなとも感じており、5月末で新規の寄付受付を終了し、今回7月3日にて最後のサラダのお届けを完了しました。

今回 CRISP CONNECT の活動を通じて、医療関係者の方々からの感謝の言葉はもちろん、支援者・サポーターのみなさんの想いは本当に嬉しかったですし、CRISPとしてお客さまとのつながり、地域のみなさんとのつながり、社会とのつながりを今までにないくらい強く感じています。

CRISP CONNECTは、今回7月3日にて病院へのサラダ提供という形での支援活動は終了となりましたが、今後も地域社会への私たちなりに貢献できる活動や、それらの新たな活動を通じたお客さま・サポーターのみなさん、そして地域のみなさんとのつながりは継続していきたいと考えています。

具体的な今後の活動内容についてはまた改めて共有できればと思っていますが、取り急ぎの報告と CRISP CONNECT に関わってくれた全ての方への感謝の気持ちを伝えたく。。

今回こういった活動が初めてだったこともあり、多くの方からアドバイスをいただいたり、また私たちの不手際などで支援者・サポーターのみなさんにもご迷惑をおかけする場面もあったかと思います。特にcampfireのリターンについては想像以上の支援者の数に対応しきれず発送が遅れてしまったり、HPへの記載も7月中旬ごろになってしまいそうだったりと(こちらもアップでき次第ご報告します!)、冷や汗をかく場面も何度もありましたが(本当に申し訳ありませんでした。。)、そんな未熟な私たちを温かく見守り支えてくださったみなさんに心から感謝しています。

「みなさん、、本当に、本当にありがとうございました!!」

今後も私たちにできる範囲で、一歩ずつ前進しながら、みなさんに愛してもらえる良い会社にしていけるよう頑張っていきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

ひろし

(最終)活動収支報告

最後に、みなさんからお預かりした寄付金の使用使途をまとめた活動収支報告を共有します。

【最終収支報告サマリー】
サラダ原材料費用(25,889個)    10,485,045円
サラダ生産に関する人件費         7,585,477円
配送費用(外部委託運送費用)      1,137,837円
業務委託費用(運営費用)       489,762円
製造費用 計           19,698,121円
campfire決済手数料(5%)     501,891円
campfireリターン費用        152,890円
stripe直接寄付決済手数料(3.6%)     307,440円
諸経費 計              962,221円
費用合計                   20,660,342円
受取寄付金                  20,403,310円
収支               ▲257,032円

サラダ1個あたりのコストは762円。うち原材料費は約400円、人件費が約300円、外部運送パートナーさんへのコストやCONNECT運営を業務委託でお手伝い頂いた費用などが約60円と、5月中旬以降、外部パートナーさんに配送を依頼する割合が増えました。

また、前回含められていなかった campfire やサイトからのクレジットカードを通じた寄付の決済手数料、campfireのリターン(Tシャツ・パーカーの製造費用)の費用が約100万円ほどになりました。

campfireさんは本来は決済手数料に加えて12%のシステム利用料が発生するのですが、新型コロナウイルスサポートプログラムを実施されており今回は決済手数料の5%のみとしてくれたため、より多くの資金をサラダの提供に使うことができました!campfireさん、素晴らしいご支援本当にありがとうございます😊(7月1日からはさらに決済手数料まで無料になるようです!すごい!)

収支報告にあるとおり、お預かりした寄付金は全てサラダの無償提供とそれに伴う必要経費に使用させていただきました。

もちろん上記以外でも、正直なところ製造に伴うその他諸費用(パートナーの交通費、地代家賃、水道光熱費、活動に伴う本社パートナーの人件費など)については恐らくそれだけでも数百万円単位にはなってくると思うのですが、今回は店舗を運営しながらということもあり費用の案分が難しいことや、何よりも多くの皆さんがボランティアで活動してくださっていた中で私たちも少しでも貢献できればという想い、そしてお預かりした寄付金を1円でも多く医療従事者の方へサラダ無償提供という形で届けたいという気持ちから収支報告には計上せず当社の負担とさせてもらいました。

*なお、CAMPFIREとは別でパートナーやボランティアサポーターにプレゼントしたTシャツなどの費用も寄付金からの支出には含んでいませんのでご安心ください!





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
グリルドチキンのようにみんなに愛されたい。
14
レストラン体験を再定義することで、あらゆる場所でリアルなつながりをつくることをミッションにしたカスタムサラダ専門店です。

こちらでもピックアップされています

ひろしマガジン
ひろしマガジン
  • 7本

クリスプ代表ひろしのマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。