工房楷 佐藤愛子
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

工房楷 佐藤愛子


作品

画像1

柔らかな色の陶土や、眩しいほど白い磁土に色を練り込み、なんだか美味しそうな色の土たちを順番に積み上げてその断面をスライスすると、さまざまなストライプ模様を作り出すことができます。
まっすぐなストライプが立体になったとき、なんとも不思議な曲線や形が見えてくるのもおもしろく、ずっと作り続けていきたい作品のひとつです。


はじめまして

画像2

愛知県瀬戸市で陶磁器のうつわやアクセサリーを制作しています。

出身は埼玉県、陶芸を学んだのは沖縄県、卒業後また埼玉県へそして愛知県へと移り住み10年になります。

土地土地へ移動するときには、さまざまな理由や事情はあれど、どの場所も素敵な人がいて、その土地の美味しいご飯があるから、どこへ行っても大変だけど充実した日々を過ごしています。

ものづくりの相棒

画像3

モノづくりの相棒は、制作に必要な道具たち。

色の違う土を組み合わせて模様を作る「練り込み」という技法は、練土の塊をスライスしたり、推し伸ばしたりという作業をします。

同じ厚みにスライスするために必要なタタラ板、切るためのしっぴきそしてローラー。制作方法がお菓子作りに似ているので、道具もローラーは製菓用の大理石のローラーを使っています。

ハマっています

画像4

本好きの息子とともにほぼ毎週日曜日は市立図書館へ。
昨年までは、隣接の市や県の図書館めぐりをしたりしていました。新型コロナウイルスの影響が少なくなったら、大阪の「こども本の森 中之島」へ行ってみたいです。


スキをありがとうございます。ステキな作品を届けたいと思っています。
作り手と使い手の日々が交わる場所。作り手の日々を紹介して、作り手と使い手の繋がりを作り、ものづくりの楽しさや喜びが広がっていくことを目指します。http://crafts-days.com/ 松本クラフト推進協会 ▶ https://matsumoto-crafts.com/