見出し画像

れんげ

crafts days

作品

画像1

長野県・安曇野市で、手染めの帆布を素材とするトートバッグや小物を制作しています。

無限の色

画像2

はじめまして。れんげの家です。
れんげで制作しているトートバッグは素材となる帆布を染めるところから始まります。化学染料で染めた後、地元安曇野の名産である「玉ねぎ」の皮を煮出した染料で再び染めていきます。そうする事で、和紙のような独特な色合いの帆布が生まれます。布1枚づつ染めていくので、同じ染め上がりがないのが魅力です。

ものづくりの相棒

画像3

なんといっても玉ねぎです。
この子の皮が無いと、れんげの布は生まれません。

とはいえ、沢山の玉ねぎの皮を集めるのは、いつも大変です。

れんげのバッグを愛用してくださっている方が集めて持ってきてくださったり、地元の方の助けもあり、皆様のおかげで安曇野の景色のように彩り豊かで優しい色の「れんげの布」が生まれます。

お昼のひととき

画像4

れんげでは利用者さんがお味噌汁を作ってくれます。

毎朝味噌汁当番を決めて、食材選び・味付け・片付けまで、当番のお仕事です。沢山盛りすぎて具沢山になっちゃったり、こんにゃくが繋がってたり、ちくわが煮ものくらいの大きさだったり。野菜の切り方で誰が作ったのか分かったりもします。同じ材料でも作る人が違うと味が変わって、毎日食べても飽きません。

また、夕方に余ったお味噌汁が、素麺やお蕎麦にバージョンアップされている事もあり、ひそかな楽しみなのです。