スクリーンショット_0030-12-22_19

「大卒文化」以外の道をつくるべく、NEWGATEというサービスをつくります。

「いい大学を卒業して、いい企業に就職する。」もしくは「いい大学に入らないと、いい企業に就職できない」それらは日本社会の揺らぐことのない巨大な真理として存在しています。しかし、会社を経営する立場で、様々な学生と会う中で、今の「大卒新卒採用文化」は、個人と社会の双方の成長を鈍化させているボトルネックだと思うようになりました。

強い意志や情熱ある学生ほど大学に問題意識を抱いているし、社会にでてビジネスや社会問題に挑戦したいという人が多くいます。逆に、大学に対して、その存在価値を強く主張し満足しているような学生には会ったことがありません。

しかし、学生時代に「もっと挑戦したい」「社会に出てアウトプットから学びたい」そう思ったとしても、その道がありませんでした。大学四年で卒業まで待って就職するか、起業くらいしかありません。それが、NEWGATEをつくりたいとと思ったきっかけです。

もっと多様な就活の道を。

NEWGATEは「非大卒者向け」の就職支援サービスであり、その対象は大きく2つに分かれます。

一つは、「高卒採用」の変革と活性化です。
高卒採用にも様々な問題があります。その代表が「一人一社制度」です。高校生は学校経由で企業に応募しなければならず、しかも「一社」しか受けられません。そしてその一社に決まったら、原則として必ず就職します。落ちた場合に、初めて他の会社が受けられるそうです。おかしくないですか。企業側が有利すぎませんか。

もっと多くの企業を知り、様々な社会人と出会ってから、就職を決めるべきですが、それが許されません。NEWGATEでは、高校生と企業のマッチングを活性化させることで、高校生と、学校の先生と、企業の三者がきちんと議論して、よりよい高卒採用につながるようにしたいと思います。

二つ目は、「大学生」に向けた「飛び就職」と「学生社員」です。
大学に入ったものの、あまりその価値を感じられない。早く社会にでて、実践を通じて成長したい。ビジネスにチャレンジしたい。そういう学生たちが「きちんと働ける環境」を作ります。インターンやアルバイトではなく、社員として働く道です。

まず「飛び就職」。飛び級、飛び入学のように、卒業を飛び越えて働いてしまおう、というものです。意思と情熱のある学生と、「卒業という資格がなくても社員になってほしい」と思う企業をつなぎます。そういった学生はたくさんいるし、そういった企業もたくさんあると思います。しかし、そこに道がありませんでした。NEWGATEがその扉のひとつになります。

次に「学生社員」。これは「学校に通ったまま正社員」として働く、という道です。大学生が、正社員になってはないけない、なんて法律はありません。また、「企業のインターン」にも多くの問題があり、無給で働かせる口実に使われたりもします。弊社には「学生社員」がひとりいますが、入社から1年でたくさんのテレビに取り上げられるような活躍をしてくれています。情熱と才能と行動力のある人にとって、インプットばかりの今の大学はとても退屈に感じてしまうのだと思います。

NEWGATEは、「高卒採用」、「飛び就職」、「学生社員」という三つを軸に、非大卒向けの就職支援していきます。

NEWGATEを、多様な採用の扉に。

繰り返しになりますが、今の社会は「大卒文化」に偏っていると強く感じています。さらに踏み込んで言ってしまうと、今の大学に四年間(それも貴重な年代の四年)を捧げるほどの価値があると思えません。大学はもっと努力をするべきです。

このサービスを考えはじめてから、たくさんの若い人達に会いました。早稲田理工学部を半年で休学して、自分でプログラミングを学びはじめた19才。独学でデザインを学び、SNSにたくさんアップしている15才の高校生。九州大学を休学して東京にでてきた21才。高校を一年で休学した15才の方が弊社にインターンで来てくれています。

みんな「当たり前とされる学校という道」に疑問を持ち、動き出した人達です。彼・彼女たちは、社会不適合なのでしょうか? 僕の目には逆に映ります。とても真っ当な視野と純粋で強い意思を持っている人たちであり、そういう人たちと働きたいと思います。

兎にも角にも、今の社会は「大卒採用文化」に偏重しています。GAFAなどのグローバル企業でも、学歴を問わない実力主義が進んでいます。これから先は、もっと多様でもっと自由な就職活動が進んでいけばいい。NEWGATEは、その一つの扉でありたいと思います。

先週からスタートして、WEBサイトもまだまだな状態です。まず「学生側」のエントリーをスタートしました。これから、参加企業を増やしていきます。

NEWGATEの代表は、エードットグループの永田です。僕は全体サポートとして入っています。ほんとうに、まだまだ、始まっていないようなサービスですが、社会の一翼を担うサービスに育て、就活文化を良い方向に変えていきたいと思っています。NEWGATEをよろしくお願いいたします。もしも興味のある企業の方など、いつでもご連絡をください。

エードット 取締役 / カラス代表
牧野圭太


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
152
DE Inc. 共同代表 - 「広告がなくなる日」の執筆中(3月発売する) #文鳥文庫 の店長。 from OUTLAND というメルマガをはじめました。https://deinc.jp