初心者にもわかりやすい!UIデザイン塾

●デザインをランクアップできる!認知科学で考えるデザイン表現 ●クライアントが説得できる!認知科学から学ぶUI/UXデザイン ●「だから、そのデザインはダメなんだ。」著者香西睦が運営しています。 ●ユーザー視点に立ったわかりやすい・使いやすいUIデザインセミナーを開催!

初心者にもわかりやすい!UIデザイン塾

●デザインをランクアップできる!認知科学で考えるデザイン表現 ●クライアントが説得できる!認知科学から学ぶUI/UXデザイン ●「だから、そのデザインはダメなんだ。」著者香西睦が運営しています。 ●ユーザー視点に立ったわかりやすい・使いやすいUIデザインセミナーを開催!

    マガジン

    • 認知科学で考えるデザイン表現/UIデザインコロンブスの卵

      使いにくいWebデザインでは、どんなに格好良いデザインでも、見る人を魅了することに限界があります。 その最大の原因は、見た目だけでデザインしてしまっているために「人が感じにくい」「人が理解しにくい」など、人間が本能的に判断する認知性能を活かして作られていないからに他なりません。 そんな「人間の本能的な性質や機能」を効率的で効果的に活用した「認知心理学」の使える法則から生まれた『デザイン事例』を通して、認知科学で考えるデザイン表現をご紹介していきます!

    • ユーザー視点で実在サイトのNG表現を学ぶUIデザイン実戦講座

      大手企業や著名サイトだからと言って、UIデザインが素晴らしいわけではありません。見た目のデザイン美を優先するあまり、UIデザイン本来の機能美に欠いたサイトのNG表現から、ユーザー視点に立った表現にすることの必要性が学べる実名・実戦講座です!

    • 認知科学から学ぶランクアップできるUI/UX

      見た目のデザインがどんなにキレイであったとしても、それが利用する側にとって使いやすいとは限りません。 その意味で、20世紀から培われてきた認知心理学や行動経済学など「人間の性質や機能」に基づいて情報をデザインすることで、わかりやすいつかいやすいWebサイトにランクアップが可能になります。 このマガジンでは、著名な認知科学用語を解説しながら、今後は、Webデザイン表現に採用したときにポイントとなる良い表現・悪い表現を用いながら解説していきます。

    • 今日の独り言

      UIデザインに関する嘆きや愚痴、考え方など、Twitterでつぶやく独り言をアーカイブ。

    ウィジェット

    • 商品画像

      だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる

      香西 睦
    • 商品画像

      ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則

      谷本 理恵子
    • 商品画像

      中学歴史 平成30年度文部科学省検定不合格教科書

      竹田恒泰

    最近の記事

    固定された記事

    [無料サンプル版]リスト(箇条書き)表示

    今回は、特長や機能を知りたいユーザーに対して、どんな製品やサービスなのかを端的にイメージできて、印象に残りやすい特長一覧や機能一覧などのデザイン表現について、認知科学で考えてみたいと思います。 リストを魅力的に改善するBeforeとAfter情報を発信する側の感覚だけで、おすすめ順や機能順で並べてしまうと、ユーザーにとって「どんなメリットがあるのか」その機能の全体像を把握しにくいために、結果として印象に残らないという、リスト表示の見せ方自体に問題がある。 全体印象に影響す

      • バナー/おすすめパネル

        今回は、トップページやメニューページ、またはランディングページなどに配置しているバナーやおすすめ情報パネルなどで、クリック率が上がらずコンバージョンに繋がりにくい現象について、ユーザーに行動を起こさせるきっかけ作りについて、認知科学で考えてみたいと思います。 クリックしたくなる バナー/おすすめパネルのBeforeとAfterメディアからの誘導バナーであったり、特定の情報へのバナー告知やキービジュアルエリアなどから最新情報や注目情報に誘導するおすすめ情報パネルなど、ユーザー

        スキ
        1
        • リンク/ボタン表示

          今回は、サイト自体の構造が複雑だったり、デザインに凝りすぎるあまり直感性がなく複雑なインタフェースになってしまうことがある。そこで、リンクやボタン表示を直感的に分かりやすくするデザイン表現について、認知科学で考えてみたいと思います。 操作前に機能を把握できる リンク/ボタン表示のBeforeとAfterフラットデザインの流行によって、平面的なデザインが支持される背景もあり、デザインアイテムの機能性がわかりにくくなっている側面がある。 また、個々のデザインのディテールを重視す

          スキ
          1
          • メニューリンクボタン

            今回は、コンテンツへの興味が薄いユーザーに対して、クリックする前に内容がわかることで、読みたくさせるメニューとリンクボタンのデザイン表現について、認知科学で考えてみたいと思います。 続きを読みたくなるメニューリンクのBeforeとAfter一般的に、多くのWEBサイトでは、そもそも、すべての人がクリックしてくれる前提でボタンが作られているため、興味を喚起する情報が不足したメニューボタンになっているため、思惑に反して閲覧されにくいという問題がある。 本文の要約やイントロによ

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • 認知科学で考えるデザイン表現/UIデザインコロンブスの卵

            • 5本
            • ¥100

            使いにくいWebデザインでは、どんなに格好良いデザインでも、見る人を魅了することに限界があります。 その最大の原因は、見た目だけでデザインしてしまっているために「人が感じにくい」「人が理解しにくい」など、人間が本能的に判断する認知性能を活かして作られていないからに他なりません。 そんな「人間の本能的な性質や機能」を効率的で効果的に活用した「認知心理学」の使える法則から生まれた『デザイン事例』を通して、認知科学で考えるデザイン表現をご紹介していきます!

          • ユーザー視点で実在サイトのNG表現を学ぶUIデザイン実戦講座

            • 2本

            大手企業や著名サイトだからと言って、UIデザインが素晴らしいわけではありません。見た目のデザイン美を優先するあまり、UIデザイン本来の機能美に欠いたサイトのNG表現から、ユーザー視点に立った表現にすることの必要性が学べる実名・実戦講座です!

          • 認知科学から学ぶランクアップできるUI/UX

            • 52本

            見た目のデザインがどんなにキレイであったとしても、それが利用する側にとって使いやすいとは限りません。 その意味で、20世紀から培われてきた認知心理学や行動経済学など「人間の性質や機能」に基づいて情報をデザインすることで、わかりやすいつかいやすいWebサイトにランクアップが可能になります。 このマガジンでは、著名な認知科学用語を解説しながら、今後は、Webデザイン表現に採用したときにポイントとなる良い表現・悪い表現を用いながら解説していきます。

          • 今日の独り言

            • 23本

            UIデザインに関する嘆きや愚痴、考え方など、Twitterでつぶやく独り言をアーカイブ。

          • オンラインで気軽に学ぶUIデザイン講座

            • 8本

            気軽に自宅からオンラインで受講できる「初心者でもわかりやすいUIデザイン講座」。大都市になかなか足を運べない地方の方にも最適!70分で構成された短時間講座だから、飽きずに楽しく受講できます!

          • 他では絶対教えてくれないUIデザインの基礎知識

            • 7本

            周りから評価されるUIデザインを作りたいあまり、表層的なデザイン表現を気にしすぎてしまう!!UIデザインを使いこなす上で最も大切なのは「なぜそのデザイン表現が必要なのか?」という本質を知っておくこと。 そんな、他では絶対教えてくれないUIデザインの基礎知識を連載で紹介していきます!

          • 動画で楽しく学べるUIデザイン講座

            • 24本

            UIデザインは、一朝一夕で勉強できるモノではありませんが、だからといって勉強するための「教材」が豊富にあるのかと言えば、実際問題、不足していることも事実。 多くの人は、学校で基礎を学ぶこともできず、仕事の経験値に頼るところが大きいわけですが、その経験が正しいことなのか間違っていたことなのかを判断する術がありませんから、結果的にはUIデザインについて「学べる場所」を探しているのではないでしょうか? 本マガジンでは、18年にわたりWeb業界の第一線で活動してきた実績と、独自のデザイン論から導き出された、ユーザーを獲得しクライアントに評価されるWebサイト制作を初心者の方々にもわかりやすく、即戦力でチカラになるUIデザインのノウハウをご紹介します。

          • コンティニュ的こころ

            • 8本

            ニュース記事に対するコンティニュ香西の所感をつづりたいと思います。。。

          • UIデザインを「ありふれたニュース記事」から学ぶ

            • 29本

            話題のできごとを取り上げるニュース記事から、その記事のウラ側に潜む『UIデザインの観点から見た考え方」を解説します!

          • 認知科学で考えるデザイン表現/UIデザインコロンブスの卵

            • 5本
            • ¥100

            使いにくいWebデザインでは、どんなに格好良いデザインでも、見る人を魅了することに限界があります。 その最大の原因は、見た目だけでデザインしてしまっているために「人が感じにくい」「人が理解しにくい」など、人間が本能的に判断する認知性能を活かして作られていないからに他なりません。 そんな「人間の本能的な性質や機能」を効率的で効果的に活用した「認知心理学」の使える法則から生まれた『デザイン事例』を通して、認知科学で考えるデザイン表現をご紹介していきます!

          • ユーザー視点で実在サイトのNG表現を学ぶUIデザイン実戦講座

            • 2本

            大手企業や著名サイトだからと言って、UIデザインが素晴らしいわけではありません。見た目のデザイン美を優先するあまり、UIデザイン本来の機能美に欠いたサイトのNG表現から、ユーザー視点に立った表現にすることの必要性が学べる実名・実戦講座です!

          • 認知科学から学ぶランクアップできるUI/UX

            • 52本

            見た目のデザインがどんなにキレイであったとしても、それが利用する側にとって使いやすいとは限りません。 その意味で、20世紀から培われてきた認知心理学や行動経済学など「人間の性質や機能」に基づいて情報をデザインすることで、わかりやすいつかいやすいWebサイトにランクアップが可能になります。 このマガジンでは、著名な認知科学用語を解説しながら、今後は、Webデザイン表現に採用したときにポイントとなる良い表現・悪い表現を用いながら解説していきます。

          • 今日の独り言

            • 23本

            UIデザインに関する嘆きや愚痴、考え方など、Twitterでつぶやく独り言をアーカイブ。

          • オンラインで気軽に学ぶUIデザイン講座

            • 8本

            気軽に自宅からオンラインで受講できる「初心者でもわかりやすいUIデザイン講座」。大都市になかなか足を運べない地方の方にも最適!70分で構成された短時間講座だから、飽きずに楽しく受講できます!

          • 他では絶対教えてくれないUIデザインの基礎知識

            • 7本

            周りから評価されるUIデザインを作りたいあまり、表層的なデザイン表現を気にしすぎてしまう!!UIデザインを使いこなす上で最も大切なのは「なぜそのデザイン表現が必要なのか?」という本質を知っておくこと。 そんな、他では絶対教えてくれないUIデザインの基礎知識を連載で紹介していきます!

          • 動画で楽しく学べるUIデザイン講座

            • 24本

            UIデザインは、一朝一夕で勉強できるモノではありませんが、だからといって勉強するための「教材」が豊富にあるのかと言えば、実際問題、不足していることも事実。 多くの人は、学校で基礎を学ぶこともできず、仕事の経験値に頼るところが大きいわけですが、その経験が正しいことなのか間違っていたことなのかを判断する術がありませんから、結果的にはUIデザインについて「学べる場所」を探しているのではないでしょうか? 本マガジンでは、18年にわたりWeb業界の第一線で活動してきた実績と、独自のデザイン論から導き出された、ユーザーを獲得しクライアントに評価されるWebサイト制作を初心者の方々にもわかりやすく、即戦力でチカラになるUIデザインのノウハウをご紹介します。

          • コンティニュ的こころ

            • 8本

            ニュース記事に対するコンティニュ香西の所感をつづりたいと思います。。。

          • UIデザインを「ありふれたニュース記事」から学ぶ

            • 29本

            話題のできごとを取り上げるニュース記事から、その記事のウラ側に潜む『UIデザインの観点から見た考え方」を解説します!

          記事

          記事をすべて見る
            • ローカルナビゲーション

              今回は、サイト内の構造を把握していない新規ユーザーに対して、他ページが気になるようにすることで、回遊性が高まるローカルナビゲーションや関連リンクのデザイン表現について、認知科学で考えてみたいと思います。 他のページを見たくさせる ローカルナビゲーションのBeforeとAfter昨今のサイトは、デザイン上の理由から、テキストリンク色を敢えて黒色などに統一するケースがあり、こうしたデザイン表現は返ってユーザーに閲覧履歴を認識させられない障害になっているために、サイト内の回遊性が

              • プレグナンツの法則(ゲシュタルト原理)

                かんたんでわかりやすいまとまりで、 視覚情報を認識する。膨大な情報を処理する人の脳は、情報処理量を減らして効率化するために、処理量を減らすために無意識に情報を簡略化して認知する傾向がある。 そのため、対象となる情報が複数ある場合、部分をひとつずつ認識するのではなく、全体をまとまりとして認識する。 これは、直感的で速い思考となる「システム1」に起因する。 端的な例でいうと、漢字は全体をまとまりとして理解しているため、構成する部分を一つひとつをずっと見続けていると、「こんなカタ

                • 心理的リアクタンス

                  人から強要されたり制限されると、 反発して逆の行動をとってしまう。人は自分の行動は、自分で選択して決めたいという欲求を持っている。 そのため、他人から束縛されたり行動を制限されることに、嫌悪感や反抗心が生まれ、自由を回復したいという心理が働く。 特に心理的なリアクタンスは下記のような選択権や決定権が失われる際に生じやすいため、仮にそれによりプラス面があったとしても、無意識に反発したくなる。 ●その人にとって重要な行動が制限された時 ●その人にとって多くの機会が制限された時

                  スキ
                  1
                  • エンダウド・プログレス効果

                    途中でやめたくない心理と、 無駄にしたくない心理が働く。人は、目標に近づくプロセスが目に見えることで、モチベーションは高まっていく。 まったく真っ新な初期状態から始めるよりも、僅かでも進んでいる状態から始める方が、目標を達成したくなるモチベーションが高まる「目標勾配効果」と、せっかくあるメリットを無駄にしたくないという「損失回避効果」が働いて、物事を続けたくなる心理傾向。 内容が同じでも進捗がわかるように見せ方を変えるだけで、捉え方が変化するフレーミング効果が働いている。

                    • 現在志向バイアス(現在バイアス)

                      遠い先の欲求には耐えられるが、 今すぐの欲求はガマンできない。将来得られる大きな利益(価値)よりも、目前の小さな利益(価値)の方を優先してしまう、直近の利益を過大評価してしまう心理傾向。 人は得られる利益(価値)が近いほど嬉しさが高まる。例えば、今すぐ得られるか1週間待つと得られるかを比較した場合、嬉しさに大きな差を感じる。 一方、時が経つほど関数的に嬉しさは小さくなり、1年後と1年1ヶ月後の差では、もはや気にならなくなるため、近い将来は待てないが、「遠い将来」なら待つこと

                      スキ
                      2
                      • プロスペクト理論(損失回避性)

                        実際の利益と損失が同じでも、 人は損失の方を大きく感じてしまう。従来の経済学では、人は「常に合理的な意思決定をする」とされていたが、感情や感覚によって、認知にゆがみが生じて、意志決定を合理的に行うことができない。 そのため、人は何かが起きる確率を正確に予測・認識できず、小さな確率ほど大きく見積り、大きな確率ほど小さく見積ってしまうという。 プロスペクト理論では、以下のような傾向が指摘され、 ・人は損失を回避する傾向がある ・それまでの状況によって、判断が変わる ・扱う金額で

                        スキ
                        4
                        • フレーミング効果

                          ポイントの伝え方や表現方法を 変えるだけで価値観が変わる。訴求する題材は本質的にはまったく同じでありながら、表現の仕方や捉え方次第で、人に与える印象や評価が大きく変わってしまうという認知バイアスの一種。 好印象を与えるポジティブな言い回しによる表現もあれば、相手を不安にさせる目的で、ネガティブな要素でアピールする方法もある。 このように、真逆なアプローチなど、フレーミング効果によって判断に影響を与えるのは、得を多く得られるか、損を抑えられるかを天秤にかけて判断するプロスペク

                          スキ
                          1
                          • 文脈効果

                            情報を取り巻く周辺環境に影響されて、 会話や文章・記号の意味を柔軟に理解できる。人は、会話や文章・記号を理解する際、認識対象となる刺激情報を取り巻く、周辺の状況、前提条件、時間的状況などの感覚記憶で受けとった知覚と、過去の経験や記憶など、さまざまな刺激情報に影響を受け、「文脈」として分析し、臨機応変に刺激情報を想像し、理解・認識している。 マーケティングにおいて文脈効果を用いることで、商品やサービスそのものの価値を変えることなく、周辺環境の訴求方法や付加情報などによって、購

                            スキ
                            3
                            • クレショフ効果

                              編集された無関係な映像・画像同士を 関係があるかのように関連づけてしまう。人の脳は、情報を単体では判断できないため、前後の情報と関連付けて判断してしまう傾向がある。 そのため、直前に見た映像や画像に影響を受け、その後に見た映像や画像は、まったく無関係な意味を持たないものでも、関係があるかのような影響を受けて自動的に連想してしまう現象。 まったく同じ映像や画像であっても、前後の映像や画像が異なることで、人はまったく異なる印象を持つため、ある意味で、相手が抱くイメージをコントロ

                              スキ
                              2
                              • アフォーダンス

                                モノの材質や状態、とりまく環境との関係性を 客観的に認知する意味や価値。人をはじめとするあらゆる動物が視覚などの五感から得られた、環境やモノの材質・状態など、さまざまな関係情報から「対象との関係性がどのような状態にあるか」という客観的な事実に基づく意味や価値。 アフォーダンスはすべての環境や対象との関係性に潜在しているが、対象者が必要性を感じていなければ、認知できない場合があり、常に変化する。 ちなみに、ドナルド・A・ノーマンが「誰のためのデザイン?」の中で「形や表現など

                                スキ
                                1
                                • 一貫性の原理

                                  人は無意識のうちに自らの発言や、 行動を貫き通したいと思う。人は自身の信念、行動や態度を決定したり宣言した際、決定した事を完遂したり保持し続けたいという心理が働く。 人から何かを依頼されて自ら能動的に関わり合いを持った際や、周囲から注目されている立場にある時は、特に働きやすい。 この心理の根底には、理性的で一貫性を保つことが社会や所属するコミュニティからの信頼や評価されたいという、周囲の人に対する虚栄心がある。 ちなみに、決定した決意を再選択したり、再び議論するなどの度重

                                  スキ
                                  1
                                  • 返報性の原理

                                    相手から受けた好意や敵意などに、 お返しをしたいと感じる心理。人は相手から、好意や譲歩などの恩義など、何かを受け取ったことに対して、「お返しをしたい」と自然に感じてしまう心理作用。 返報性には、相手の好意や親切に対して、同じような気持ちをお返ししようとするポジティブな心理作用だけでなく、仕返しや反発など敵意を示すネガティブ感情もある。 返報性は次の4つに分類することができる。 ●好意の返報性 好意や親切などの恩義に、お返しをしたくなる心理。 ●譲歩の返報性 何かを譲っても