新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ハイブリッドな小学校絵本読み聞かせ活動

私の子どもの通っている杉並区立の小学校では、保護者ボランティアによる朝の絵本読み聞かせがあります(月1回15分)。そして、年度末には土曜日の授業の1コマを使った「読み聞かせスペシャル」が毎年開催されます。ただ、2020年度、2021年度の読み聞かせボランティア活動は、新型コロナの影響を受けて、毎月の読み聞かせは中止が多く、、また2020年度末の読み聞かせスペシャルも中止になっていました。2021年度末の3月の読み聞かせスペシャルは、開催との案内が学校から届いたいのですが、感染対策のため、参加の保護者は最大5名までとのこと。例年は10名ぐらいの保護者が参加したりしているので、、これは大きな制約です。

そんなときこそ、デジタル技術の出番!!。

まずは、読み聞かせボランティアの保護者同士でzoomで打合せをして、どうするか話し合い。当日も、教室は5人でもリモート出演できればいいんじゃないか。

先生と相談して、パソコン/wifiルーターも持ち込んで、zoomとつないで、教室に入れない保護者が、リモート出演すること、ご了承いただきました。

持ち込んだパソコンを教室のプロジェクターにHDMIで繋ぎ、音声もプロジェクターのスピーカーから出します。教室側の音声は、パソコンに外付けしたUSBマイクで拾います。これで教室側の音声もリモートに聞こえるし、リモートの声も教室で十分拾えました。そしてハウリングもなし。前日のリハーサルでこの環境の確認を行いました。

そして、2022年3月12日(土)の本番。教室に5名の保護者が行き、4名の保護者はそれぞれの自宅からリモート出演して、絵本の読み聞かせを実施。教室側で絵本を見せながら、教室とリモートで配役をして読み聞かせる。楽しい絵本や、長編の絵本も、教室/リモートのセリフの繋ぎもスムーズに行き、大成功でした!!

デジタルを活用して、人数制限の壁を突破です。


コミュニティテックSuginami のミッションは「地域でのリアルとデジタルを組み合わせた実践事例を作って、新しい可能性を示していく」ということ。

このミッションにつながる、一つの事例づくりに挑戦してみました。

身近なところ、小さなところから。。。少しずつ事例づくりにチャレンジしていきます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!