新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「リアル」×「デジタル」の最適な組合せによる価値創造的な学びの推進 -「教育進化のための改革ビジョン」-

2022年2月25日 文部科学省から「教育進化のための改革ビジョン」が発表されました。

背景

この改革ビジョンの背景はこちら。

新型コロナウイルス感染症を契機として、様々な生活様式が変わり、また、デジタル化が急速に進む中、初等中等教育段階の教育政策について、「令和の日本型学校教育」の具体的な進め方等、教育進化のための改革方針を示すものです。

この文章に出てくる"様々な生活様式が変わり"とは、つまりニューノーマルのことですね。それからこのビジョンのタイトルにもある"教育進化"がキーワードで、新しい環境の中で、教育や学びを新しくバージョンアップする、そんな想いを感じます。

基本理念

このビジョンでは、二つの基本理念が述べられています。

・誰一人取り残さず個々の可能性を最大限に引き出す教育
・教職員が安心して本務に集中できる環境

個別最適化された学びを提供し、誰一人取り残さないという一点目と同時に、教育の提供者側である教職員の方々の働き易さを両立させるということ。この点も明確に述べているのもいいですね。私も親として小学校の先生と接したり、仕事として高校の先生方と一緒に働く機会も多いのですが、本当先生方は活動内容的にも時間的にも大変そうで、その中でニューノーマルという新しい環境のために新しいことをトライしてくのは、かなり大変なことだろうと横からいつも見ていました。二つの基本理念、両立したいですね。

4つの柱

そしてこのビジョンの4つの柱。

〇4つの柱
 ①「リアル」×「デジタル」の最適な組合せによる価値創造的な学びの推進
 ②これまでの学校では十分な教育や支援が行き届かない子供への教育機会の保障
 ③地域の絆を深め共生社会を実現するための学校・家庭・地域の連携強化
 ④教職員が安心して本務に集中できる環境整備

この4つの柱の一つ目に、"「リアル」×「デジタル」の最適な組合せによる価値創造的な学びの推進"が登場します。
リアルとデジタルの最適な組合せ、、それをどう見つけていくか、、それが教育進化のための大切な柱だと、文部科学省も明確に打ち出しました。

コミュニティテック杉並のミッションは、「地域でのリアルとデジタルを組み合わせた実践事例を作って、新しい可能性を示していく」ということ。

この「リアルとデジタルの組合せ」が今みんなで模索しているとこであり、、教育の中でもキーワードになってきていますね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!