見出し画像

僕は人に心を開けない

僕には、自分にとってあまり好きじゃない部分がある。

それがタイトルにあるように「人に心を開くことができない」こと。いや、正しくは心を開くことにかなりの時間を要することかな。

どんなにリアルの場で会う人でも
毎日LINEする人でも
あまり経験しないことを共に経験した人でも

最低でも半年はかかってしまう。稀に超特急で開ける場合があるが、それは自分が開きたいと思える人だけ(超希少)。


なぜ、こうなってしまったのか。

自分の生い立ちを振り返っても、大きな出来事は思い出せない。でも、なんとなく幼少期から、人に対して素直になれていなかったような気がする。

親には盛大な反抗期をかましたし

場の流れでイエスマンになってしまってたし

嘘をついても特に心は痛まなかったし

起こる出来事に対して冷ややかな目で見ていた気がする。

そんな経験を積み重ねた僕は、人に心開く方法がわからなくなっていた。どうやって人を信用すればいいのかわからない。そんな、温もりがまったく感じられない人間になっていた。

心の中ではそんな自分を否定して、時には自己嫌悪に陥って、もがくときもあったし、それが辛くなるときもあった。

現在はかなりましにはなってきたけど、学生のころの僕と言ったらそりゃひどかった。自分で思い返してみて、よくみんな友達になってくれたなぁと思うこともあるほど。


コミュニティの仕事をしていて、こんな話をすると驚かれるんだけど、上記から読み取れるように、僕はコミュニケーションが不器用な人間。毎日のようにコミュニケーションについて考えていると思う。

ただ同時に、だからこそ、コミュニティの仕事を選んだと思っている。コミュニケーションが苦手だからこそ、心を開くのが苦手だからこそ、自分が大事にしたいと思える空間を持ちたい。

オープンな自由すぎる空間は、僕みたいな人間にとってかなり脅威なんだよね。いまだに他の方は主催している交流会と呼ばれる空間は、まじでコミュ障を発揮してる。隅っこでスマホいじいじしてる。

いろんなコミュニティマネージャーの人たちの話し聞いてると、結構似たような人が多くて、それがかなりの救いだった。みんなどこかしらコミュニケーションに課題を感じていて。だからこそ、クローズドな空間をつくっているんだなぁと。


正直、今もどうすればこれが治るのか?がいまいちわかっていない。

ただ、少し前進できたなぁと思えることは、そんな自分も受け入れられたということ。こうやって、この部分を文章にできていることが何よりの証。

まだまだこれ以外にも、自分の嫌な部分ってたくさんある。言い出したらキリがないほどある。

それらも一つずつ、一つずつ受け入れていきたい。

嫌な部分は否定するんじゃなくて、認めてあげる。

そんな自分の向き合い方が大事になってくるんじゃないかなぁと、秋を感じながら考えてる。


とりとめのない文章で失礼しました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!サポートも嬉しいのですが、コメントやシェア頂けるとめちゃくちゃ喜びます!

ありがとうございます!拡散していただければ、RTさせていただきますー!
76
コミュニティを生業とするフリーランス/「人の関係性・居場所をつくり、そこに関わるひとを幸せにする」/ Wasei Salonコミュニティマネージャー /T4TOKYOコミュニティマネージャー/渋谷をつなげる30人コミュニティマネージャー / mint / NPOグリーンズ

コメント1件

わかりみが深い...私もいくつもコミュニティ掛け持ちしてるから社交的と思われがちだけど、実は逆で。
アウェイ苦手だからホーム作ろうとする傾向あるのかもって気づきました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。