趣味どきっ! 本の道しるべ

 タイトルそのままのテレビ番組に出させていただきます。先行してテキストが発売されています。 https://www.nhk-book.co.jp/detail/000062288042020.html

 本屋案内を書かれている和氣正幸さんは、下北沢で Bookshop Traveller という書店も経営されています。この前、初めてお邪魔しましたが、アナーキーなビルの三階をまるまる使った素敵な場所でした。実は和氣さんとは、とあることを企んでいるのですが、それはまた後日。

 放送はEテレで11月3日の夜9時半から、再放送は11月10日の午前11時半からです。当店は「食べて読んで おいしい読書」と題して、お店や文学カレーなどの本にまつわる食べ物、飲み物の紹介とともに、読むことと食べること、拵えることと書くこと、などに関して私が話している、はずです。取材の時はぱーぱー調子よく話したのに、本番に弱いのは私の致命的な弱点ですね。

 著名人の本棚を紹介するコーナーでは橋本麻里さんが登場されます。実は、橋本さんとはとある場所ですれ違っています。息子の狂言の発表会と同じ舞台に、橋本さんも時間違いで立たれていました。同じEテレの「日本の伝統芸」の収録のため当店にお越しいただいた、いとうせいこうさんも同じ日の舞台で演じられていて、そのことをお伝えすると「共演じゃないですか」とやさしく仰っていただきました。橋本さんには、そんなこんなで勝手にご縁を感じています。

  みなさま良かったら番組をご覧になってください。またテキストは当店に置いてありますので、お気軽にお手に取ってください。放送は10月6日から始まります。全部で8回あり、どれも面白そうなので、本好きなら続けて見るのがよろしいかと。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
高円寺にある古本屋と居酒屋がいっしょになった店、コクテイル書房を営んでいます。文学をテーマにしたおつまみやお酒を提供しています。店の外には本の交換が出来る「まちのほんだな」があり、お金を介さずに本を手に入れることが出来ます。2月9日には文学カレー「漱石」をレトルトで発売します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。