見出し画像

何かを体験したときの感じ方や受け取り方は人それぞれ /100文字日記

Keeth@Yumemi⚡駆け出しコーチ

こんばんは.株式会社ゆめみの Keeth こと桑原です.

私も,私の相方もそうだが,何かしらのお店で「こんな細かいところにまで配慮している」とか「ここまで拘っている」とか,平たく言うとプロの仕事に触れた時に自分も仕事頑張ろう!ってなるタイプだ.

これに対し「プライベートの時は仕事のことを考えない方が良いよ」というアドバイスを貰うことがたまにあって,良かれと思って言っていただいているのは分かるが,「我々はそうやって仕事を紐付けることでモチベーションを上げる生き物なんでご心配なさらず〜」と心の中で思っている.

逆に,我々も身近な人に対してお節介のような言葉を渡していることもあるが,本人がどう受け取っているかは想像の域を超えることはできないので,あまり気にしすぎないのが良さそうだ.

とは言っても,頭では分かっているが慣れるまでは気にしてしまうものだったりするので,気長に慣れていくしかないんだろうな.

ではでは.

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
IT 業界(特にweb業界)のとある企業で働いていることもあるので, 仕事関連のマガジンも投稿する予定です. エンジニア的視点よりも,メンバーを束ねるリーダーポジション視点での投稿になります. 割とリアルな話を書きたいと思っていますので, ご興味あれば.

Keeth Kuwahara が日々の業務・生活の中で, twitter でも facebook でもつぶやかない思っていること, 感じて…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Keeth@Yumemi⚡駆け出しコーチ
A Servant Leader of front-end team / one of the board members / CEO(secondary) at Yumemi Inc. CLI creator by nodejs, Riot.js(Collaborator).