見出し画像

社内で心理学的に考えて席替えをしました

最近、社内で机の位置から全て変えて席替えをしました。
席替えする気は全くなかったのですが、夜に社内の心理ディレクターと話し込んでいたら、もっとコミュニケーションが取りやすくて、ストレス感じない、みんなが働きやすい席の配置について考え始め、大幅に席替えすることにしました。

席替えする前の席の配置

背中と背中を向け合う配置で、みんなが壁を向きながら仕事をしていました。
また、片方の壁は半ロフトみたいになっており、ロフトでは、私と共同代表の2人がいて、上司の方を向いて仕事をしていました。
オフィスを広く使えると言う理由で、壁むけに席を配置していたのですが、こんなにデメリットがありました。

よくない点

■背後が気になりストレスを感じやすい
いつ後ろから話しかけられるかわからない、いつ背後に人がいるかわからないと言う状況に、微妙に背後に意識を向けてしまいストレスを感じる。

■壁を向いてるので、コミュニケーションが活性化されない
話そうとしたら、後ろを振り返らないといけないので、気軽に話しかけることができず、コミュニケーション不足になりがち

■個人プレーになりがち
パソコン画面は体で隠れて見えず、顔も見えず、それぞれが何をしているかわからない。

■上司からのプレッシャーを感じる
片方の壁は、上司の方を向かないといけないので、常に見張られるようなプレッシャーを感じ、無駄なストレスがかかっています。

席替え後の配置

みんながそれぞれ向き合うカフェスタイルに変更しました!

よかった点

■みんなが向き合うことで、コミュニケーションが取りやすくなった
全ての席が横向きになったので、向かいとも、横とも後ろとも、上司とも話しかけやすくなった

■ディスプレイで向かい合っていても顔は隠れるので、見られているストレスは感じにくい
向かい合うことで顔が常に見えるストレスが懸念されたため、ディスプレイでお互いの向かい合った席でも、座っていればお互いの顔は見えないようにしている

■上司とも並列に並んでいるので、見張られていているストレスが軽減
CEO、COOの方へ向いている席もなく、逆にCEO、COOへ背中を向けている席がなく、上司からのプレッシャーを感じにくくなった

■開発チーム、企画チームが話やすい配置に
前はチーム毎に横並びの配置であったが、ブロック配置になったことで、チーム内での連携が取れやすくなった
困った点
■オフィスがちょっとだけ狭く感じるようになった


途中考えた配置

■上司が背後にいるのはストレスを感じるので却下


■オフィスが狭すぎるので却下


まとめ

席替え後間もないですが、実際にコミュニケーションが取りやすくなった感じがありました。
席替え前と違い、横を向いて話せるので、みんなが会話に入りやすくなり、1対1でのコミュニケーションが多かった社内が輪を作って話せるようになりました。
社内も見渡しやすくなり、私的には結構気に入っています。
まだ席替えしたばかりなので、もう少し経過を見てみようと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わーい!ありがとうございます!
32
emol株式会社の代表です。『emol』というAIと話しながらモヤモヤした気持ちの改善をサポートするアプリを運営しています。

こちらでもピックアップされています

emolの会社の日常
emolの会社の日常
  • 4本

emol株式会社の日常についてお話しします。

コメント (2)
前職の職場配置が席替え後みたいな感じでした。

この配置だとたまたま目があった時に話しかけたりもできていいですよね(集中している人に話しかけるきっかけって意外と難しいので、、、)。
向かい合うようになってから、コミュニケーションを取ることは本当に良くなった気がします!
席の配置って仕事上で大切だなと実感しましたね!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。