見出し画像

子どもとキャンプとシュノーケル

かとうちはる

家族内でコロナ陽性者が出てしまったため、8月の中旬から夏休みの終わりまでずーっと家にいることに(涙)海や川遊びに行けないまま夏が終わってしまうのは寂しい!ということで、愛南町へキャンプに行ってきました。

金曜日、娘が学校から帰ってきたタイミングで出発!チェックインの17時には間に合いそうにないので、事務所に連絡したら、「明日でいいよ~。ちなみに今日のお客さんはあなたたちだけです。」と言われる。シーズン中はあんなに混雑しているのに、9月に入って、しかも金曜日だとそんなに人いないの???
とはいえ、駐車場から近い場所にテントも張れ、ゆっくり過ごせたのでよかった。

貸しきりのキャンプ場(土曜日になったら、人が結構増えた)
まったり

飯盒をしたり、肉を焼いたり、おやつを食べたり。久々のキャンプだったので、食器を洗うグッズとかいろんなものを忘れたけれど、こうして、たまにキャンプへ出かけると、自分たちのキャンプスキルをメンテナンスできるので、それもまたよし。兎にも角にもまったりのんびり過ごしました。

その後、道を渡ったところにある温泉、ゆらり内海へ。置いてあったライトがかわいかった。

21時には早々に就寝。

次の日(土曜)は大潮だったので、イカ狙いで近くの漁港へ。

小っちゃいイカがおる!!ずーっと見てるとタコの赤ちゃんみたいなのもいました。

なかなか釣れないし、子どもたちは海に入り始めるし、疲弊していく大人たち(笑)子どもたちが寝ている時間帯に来ればよかった・・・と夫がぼそっと漏らしていました。

9時になって潮の流れも止まり、キャンプ場の事務所が開く時間になったので、キャンプ場へ戻ります。シーカヤックをしたかったのだけれど、「雷注意報が出とるけん、貸せんのよ~」と事務所のおじちゃん・・・、残念!

それでも気を取り直して、シュノーケリングを楽しみました。愛媛にもサンゴがあってこんな魚たちが見れるんだよ。

前回来た時よりも、環境が良くなってるのか、悪くなってるのか、いろいろ考える海。
ずーっと海の中にいると冷えてしまったので、お昼はカップラーメンで温まる。
ゴミはできるだけ減らしたいけど、キャンプは構えすぎず、ゆるく。

相変わらず、仕事と生活を高速で反復横跳びする中、子ども3人を連れてキャンプに行くのはまだまだ大変ですが、できる限りいろんな体験一緒にできるといいなあと考えています。私が一番楽しんでいるかもしれないけれど!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かとうちはる

\読んでくれてありがとうございます!/ 頂いたサポートは地域の中で使い、ご縁をぐるぐる回していきたいと思います。

かとうちはる
えひめの南で暮らしながら感じたあれこれを書いています。 森のようちえん運営、郷土研究フリーマガジン編集をしながら、👧8・5・3歳を育てています。 http://noyamacompany.com/