見出し画像

ストーブ 〜 詩綴り 5 〜


ひとりぼっちでいると
この部屋は
広くて 広くて
凍えそうだよ

何を見ても
何を聞いても
何故か 何処か
物足りなくて

体が からっぽになったみたい
心が からっぽになったみたい

からっぽの あたしの真ん中を
冷たい風が 通るんだ

からっぽのあたしが 凍える前に
はやく はやく はやく
あたためて
君 っていう ストーブで


2005年頃のノートのメモより



歌うたいの 詩綴り

このnoteは
これまでに書いてきた歌詩たちを
文字にして綴って行こうというモノです。

今回は これまでの様に歌詩からではなく
一遍の詩として書き留めてあった数作の中からのご紹介です。

バンド時代以降に いつか歌詩の素になれば、
と 何とはなく 降りてきたちっちゃな詩を書き留めていたノートの中から選びました。


朗読という形でも発表していますので 良かったら聞いてみてください。

歌と違って なんだかやたら照れくさいですがw

「ストーブ」【よむ のおと】

https://note.mu/chibimayu/n/na9100a288da3?magazine_key=m85b25abc0258


#うたつづり #詩 #オリジナル #ストーブ #メモのひとつより #過去作 #よむのおと

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ちょっとでも なんかイイんじゃね?!と感じていただけたら 是非サポートやコメント よろしくです! 全力で喜びます!励みにいたします!

─==͟͟͞͞=͟͟͞͞➸(๑♡⌓♡๑)➸ス˝キュウゥゥン♡
22
わたしはうた うたはわたし ♥ うたうたい & 声で遊びたい人 ♥ 土曜絵画お手伝い人♥ my siteもよしなに❤ https://chibimayusong.amebaownd.com/ 🌼