見出し画像

【キャサリン・フルボディ】200105 RTAinJP アクシスムンディ lv6の登り方を画像でまとめ

RTA in JAPAN、キャサリン・フルボディのバベルチャレンジ、凄かったです。

必見です。走者のレネイルさん、探したらyoutubeチャンネルもあったので、フォローしました。

こちらのRTA動画も凄いので必見。

今回は、そのRTAinJAPANでのレネイルさんの登り方を自分用にまとめてみました。

動画を見ながらでも良いのですが、細かな巻き戻し、送りが面倒と思うのと、自分の記憶定着用に内容をまとめておきます。


〇今までの自分

この記事を書いた経緯としては、キャサリンバベルステージ4のアクシスムンディLv6が定型になるのですが、安定した登り方を持っていませんでした。

アクシス1

ヒビとノーマル石が交互に織り交ざる定型。

アクシス2

今までは、先にヒビ石を崩してから

アクシス3

ノーマル石を起点に登ろうと考えていました。

アクシス4

(この回は失敗に終わっています。)


〇登り方

1.ヒビ石の頂点で待機

画像5

※ヒビ石は割りません。

2.一度降り、乗っていたヒビ石を右に移動

画像6


※以下3,4,5の動作を素早く行わないと形が変わります!!

3.移動したヒビ石に再度乗り、目の前のヒビ石を押し出す

画像7

4.押した先に移動し、左のヒビ石を前に出す

画像8

5.一段降り、乗っていた石を前に押し出す

画像9

6.左部分が階段状となり、登れる

画像10

7.登った先の石を押し出す

画像11

画像12

※引かない。引いたら失敗する。

8.落ちてきた右の石を引き、登る

画像13

9.▽の根元を押し、移動せずに落ちてきたビビ石も押す。

画像14

※この石を押した後に落ちてくる真上の石も押す。

10.落ちてきた右部分を押す

画像15

11.右側が階段になるので、登る

画像16

12.登った先の石を足場に再度登る

画像17

※追加で落ちてきた石を引っ張り左の足場へ移る。

13.砂時計の形の首部分を2度左側から押す。

画像18

画像19

14.落ちてきた左の石を押す

画像20

※写真真上のヒビ石が落ちてくるので右に移動し、避ける

15.落ちてきたヒビ石を前に押す

画像21

16.押したヒビ石の上に乗り、石を引っ張る

画像22

17.再度引いた石を右側に寄せる

画像23

※このタイミングで写真で乗っているヒビ石が割れる

18.すぐに右に移動し、右側の階段を上る(落とし飛び)

画像24

となります。

これをまずはマスターします。

守破離という言葉もあるので、これを覚え、新たな手法、技術も詰めていけたらと思います。

落とし飛びや外から回り込むように足場を作る技術など、他にも勉強になる部分は多々ありました。

今年は少しずつバベルも挑戦していけたら、と思います。

(やりたいことばっかり。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。 不明点、間違い、要望、質問などありましたら、 コメントかTwitter@Ezomatusへ連絡ください。 フォローして頂けると中の人が喜びます。 スキを押すとおみくじが引けます。

今日のあなたの運勢は…小吉!
@team_hanagumi HANAGUMI FUKUI Fighting Game部門所属 Twitter:@Ezomatus 福井対戦会/正座/MvCI/UMvC/SF5/でんぱ組(ねむぺろねも)/ キャサリン/お笑い/音楽ロック等雑食/テナー/週スピ/旅/酒場巡り

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。