ドキドキしたいだけ?吉田貴司×堀江貴文「やれたかも委員会イベント」レポート

やれたかもしれない体験談を漫画化した『やれたかも委員会』のイベントが面白かったので軽くレポート。

参加したのは吉田貴司×堀江貴文「ホリエモンのやれたかもしれない話」

マンガの12話中、9割はやれたはずと言う堀江さんに、寺田有希さんが「やれてない」とツッコムという、リアルな委員会の様子に爆笑した。

「なんで?」と聞く堀江さんとゆきさんの会話はこんな感じ。

堀江「じゃあなんで女から手をつないできたの」
ゆき「そのときちょっとドキドキしたいからでしょ」
堀江「アトラクションじゃねーんだよ」

といった調子。会場爆笑。ゆきさん側の論をざっくりまとめると、

「チヤホヤされたいだけ」
「モテててると感じたいだけ」
「ドキドキしたいだけ」

ゆきさんがというより女性あるあるを代弁しているそうだ。

特に面白かったのは、男女が出会ってHするまでを1から10のプロセスに分けると、男は1から10に直進したいが、女は途中の5、6がしたい。このギャップがやれたかもを生んでるのではないか?という考察だった。

図解してみた。

つまり多くのやれたかもはドキドキしたいだけで、やれてはいない。

一方でゆきさんは「女子は押されたいもの」「押されるためのフックを用意しているが、自分からはいかない」などもコメント。堀江さんも「ダメかもしれないけどチャレンジはしてほしい」と。まあ未来は決まってないよね。

それにしても、ドキドキしたいですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくれてありがとう!

わーい!
44
ネットでオリジナルコンテンツを創る

こちらでもピックアップされています

ランキング
ランキング
  • 98本

人気の記事です

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。