VUCAの時代、「昭和あるある」を一度取り払ってみる
見出し画像

VUCAの時代、「昭和あるある」を一度取り払ってみる

VUCAとは、Volatility(変動性)・Uncertainty(不確実性)・Complexity(複雑性)・Ambiguity(曖昧性)の頭文字を取った造語で、社会やビジネスにとって、未来の予測が難しくなる状況のことを意味します。

昭和、平成とはまったくと言っていいほど、社会環境が変わってきているので、我々世代の成功法則が、そのまま通用するとはとても言えない状況です。

なので、若い世代と話す時に、いつも僕が心がけていることは、
「〜しなければならない」
「〜した方が良い」
という昔の成功法則を押し付けないようにしています。

「僕はこうしました。その中で参考になる部分があったら使ってみて」

あくまで、選択肢のひとつとして提示し、
それを採択するかどうかの判断は相手にお任せするスタンスです。

そして、もうひとつ大事にしているのが、
新しい方法論を試してみることです。

最初から「食わず嫌い」せずに、
一旦全部吸収しようとしてみます。
今回の「宮川理論」についての取り組みは
まさにそれでした。

「昭和あるある」で凝り固まった考えや打ち方を
一度ぶっ壊して、取り組んでみようと思ったのです。

結果は道半ば。まだ完全に会得していませんが、
やってみて良かったと思います。

いろんな霧が晴れていく感じが明確にあります。

あとは、体がそのように動くかどうかだけです(笑)。

その考えをじっくり感じてもらいたい、そんな思いで
「宮川理論」を書籍にしました。

ユーチューブだけだと、動きはわかりますが、
その軸となる考え方が体系的に頭に入ってこなかったからです。

もちろん、書籍の中には、関連ユーチューブのQRコードも
挿入していますから、文字と動画の両方で学べる内容になりました。

「教育」は僕のライフワークですが、
何も「勉強」だけが「教育」では無いですよね。

スポーツや芸術からも、学べることはとても大きいです。

僕自身も、野球を通して、考え方や心の持ち方など
とても多くのことを学んできたと思います。

「宮川理論〜ホームランを、全ての人に」
野球に打ち込む子を持つ全てのお父さん、お母さんに
読んでもらいたいと思います。

10月8日ネット書店で販売開始、もう予約受付も始まりました。
是非、手にとってみて、感想を聞かせてください。
https://books.rakuten.co.jp/rb/16885356/?l-id=parts-ashiato-02

#宮川理論
#甲子園
#ホームラン
#打撃
#野球
#馬見塚先生
#広島

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かしのたかひと

楽しんでもらえる、ちょっとした生きるヒントになる、新しいスタイルを試してみる、そんな記事をこれからも書いていきたいと思っています。景色を楽しみながら歩くサポーターだい募集です!よろしくお願いします!

超うれしいです〜。ありがとうございます!
リクルート、福岡ドーム、メディアファクトリーを経て、映画プロデューサー、ベンチャー経営者、政治家、作家に。