見出し画像

Mt.Meruってなんじゃらほい?!

2019-20年 年末年始

日本から遠く離れたアフリカ、タンザニア🇹🇿まで行ってキリマンジャロだけじゃもったいない!

ということでアルーシャ国立公園内にあるMt. Meru に4日間で登ってきました。

まず場所はここ⇩

キリマンジャロから西に70kmほどの場所で
標高4,566m⛰
タンザニアでキリマンジャロに次ぐ2番目の高峰
アフリカ大陸では5番目です。

🌟Mt. Meru の魅力ポイント🌟

その①キリマンジャロ登山のための高度順応ができる

一番の理由はこれでした。
標高約4600m。日本で近い高さでの高度順応ができないのでキリマンジャロに挑戦する前に少しでも身体を慣らしておこうと思いました。

1500mからスタートして1000mずつ高度を上げていくのでそこまで身体に負担はかからず、またガイドが毎日酸素濃度を測定してくれたので安心でした。

食事に関しても事前に好き嫌いを伝えたり、味付けの好みを伝えたりするとコックができる限り対応してくれました。
私の場合は山ではどうしてもラーメンが食べたくなるのでそれを伝えたら野菜と煮込んだスープラーメン🍜を用意してもらえました。

その②すべて小屋泊できる🏚

Miriakamba hutに行きと帰りで2泊、Saddle hutに1泊したのですがどちらともとてもキレイで2段ベッドが2つ並んだ部屋に泊まることができます。
マットはフカフカなのでシュラフと簡易シーツだけで事足りました。

私はソロで閑散期であったので4人部屋を一人で使うことができました。快適✨

登山客とガイド達が泊まる棟は別になっていて、更に食事専用の小屋がありそこでみんなでご飯を食べます。

その③登山客少なめ 

キリマンジャロだけに行く人が多いためか比較的登山客が少なくのんびりと絶景を楽しむことができます。(しかしこれはシーズンによって違うのでなんとも言えない。)

ちなみに私がスタートした日はソロの私と別のツアー会社から集まった4グループ計11人でピーク登頂したのはそのうち8名。
国立公園で野生動物に遭遇するためそれぞれガイドがいてもSaddle hutまでは銃を持ったレンジャーをグループにつき1人雇わないといけないためゲートでその日出発する全員を待ってスタートしなければならないのです。

アタック日は夜中2時くらいに歩き出すのですがこの少ない人数なので登山道が混み合うことは皆無でした。

↓雲の合間からキリマンジャロ🏔↓↓↓

その④野生動物に会える🦒🦓

タンザニアでは登山の後にサファリツアーを付けるパターンが多いのだが私にはその時間がなかったため帰りにキリン、シマウマ、バッファロー、サルなど様々な動物に会うことができたのは嬉しかったです😍

また山頂はゴツゴツしていて狭かったけどそこから見える朝日とクレーターが印象的で何より天気に恵まれて良かったです☀️

ぜひこれからキリマンジャロ登山に行かれる予定がある方はプラスでMt.Meruにもチャレンジすることをオススメします🎶

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17
☆ランドネたのしみ隊一期生☆ 旅行、食べること、山歩き、そしてペンギン🐧好き(*^_^*)現在日本百名山に挑戦中△▲△ 特に山の稜線フェチ▲△▲ たまに海外の山歩きもします。 https://www.instagram.com/cape_penguin

この記事が入っているマガジン