第17回 北條元康 「創造力の鍛え方」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

第17回 北條元康 「創造力の鍛え方」

画像2

 2019年、北條工務店隣の廃工場を手に入れ、公共のイベントの会場や、イベント備品の制作場として活用した。また私自身も、地方でのイベントや、制作に関わる事が年々多くなり、忙しい日々を過ごして来た。しかし、今回のCOVID-19の影響で、殆どのイベントが中止になり、隣の工場は使用予定が無くなり、私も少し時間的余裕ができた。

 都々逸で、『大工殺すに、刃物はいらぬ、雨の三日も降れば良い』とある。一般的に、『大工(職人)は蓄えも少なく、日銭が入らないと生活が儘ならない』と言われているが、私はそうは思わない。昔の大工は勤勉で、雨の日(現場作業ができない時)などは、道具の手入をしたり、端材で役に立つ小物(踏み台等)を制作していた。制作物は、お得意様に届けたり、販売もしていた。「三日も、モノ作りが出来なければ、死んでしまう」という意味では、正しいのかもしれない。

 という事で、今回余裕のできた私は、また何か作ろうと思っていた。専門家は、コロナヴィールスには、アルコール除菌が有効だと言っていて、手押しポンプを足踏み式に工作している人が何組かいるのをWEBで観て、とても面白かった。手押しポンプは、簡単な機構で制作できるが、品薄で手に入らず、手元に有るのは、
握るタイプのスプレーボトルだけ。
 「このスプレーで、何とか足踏み式を作れないかな?」
 この一言で、制作が始まった。
 まず、スプレーボトルを使いやすい位置に固定して、そこから、足踏みのペダルまで、シャフトやカムで繋いでいく。色々苦労も有ったが、数時間で完成した。
 自宅マンションのエントランスに設置すると、子供達が喜んで踏んでいく。
 Facebookに掲載したところ好評で、幾つかの店舗で使いたいとのお話をいただいたので、量産をすることになった。しかし、量産品を他人に手渡すモノは、壊れにくて、使いやすく作らなくてはならない。今回の機構は、「シンプルなカラクリ」なので、細部の改良をする事で対応ができた。
 最初に馴染みの喫茶店に設置して、耐久試験を行い、改良した「先行量産品」を制作して、イベント会場や店舗に納品した。今後は、正式販売に向けて、改良を重ねて、実用新案の提出も考えている。

 以前の東日本大震災の時もそうだったが、社会が大きく変化する中で生きていくには、心に余裕を持ち、創造力豊かに振舞う事が大切だと実感できた。
 これは、多くの人はできない事だが、現代美術の作家たちは、自然に行なっている。
 私自身も、現代美術作家達に触れ合う事で、この力を身に着ける事が出来たのではないかと思う。この力を使えば、今後多様な変化に対応する事ができると確信している。

画像2


北條 元康
東京都墨田区向島で工務店を経営
幼少の頃より職人に囲まれて育ち、モノ作りが好きになり、自身も大工として施工を熟す。
2001年頃より、向島でのアーティスト活動に従事し、以後アート制作の為各地を巡る。
2011年次世代の工務店のあり方を模索する為に、BUGHAUSUを立ち上げる。
2019年より、工務店の隣の廃工場を利用し、イベントや制作物を作る。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。また読んでください。
1997年から2016年まで、東京の下町、墨田区の向島で活動。2017年11月、京都の上京区に移転し、NPO ANEWAL Galleryとのコラボにより、ANEWAL Gallery 現代美術製作所の名でアートスペースを運営しています。