CAD SYSTEM(キャドシステム)

今なら2週間無料で試しに使えます😎お問い合わせ下さい😊 ホームページ https://cadsystem.jp/ LINE https://lin.ee/O5m4a2q

CAD SYSTEM(キャドシステム)

今なら2週間無料で試しに使えます😎お問い合わせ下さい😊 ホームページ https://cadsystem.jp/ LINE https://lin.ee/O5m4a2q

    最近の記事

    2022年8月16日(火)結果【キャドシステム】

    火曜のドル円は原油先物価格の軟調推移、アメリカ金利低下に伴うドル売り、日経平均の冴えない動きが相場の重石となりアジア時間朝にかけて安値132.96まで下落しました。 売り一巡後は短期筋の押し目買い、株の持ち直し、アメリカ金利上昇に伴うドル買い、みずほ銀行のマイナス金利適用、直近高値突破に伴う仕掛け買い、アメリカ経済指標の良好な結果が相場の支援となりアメリカ時間朝にかけて134.68まで急上昇しました。 ユーロドルは原油先物価格の軟調推移、ドイツ10年債利回り低下にともなうユ

      • 2022年8月15日(月)結果【キャドシステム】

        月曜のドル円はアジア時間朝にかけて高値133.60まで上昇しましたが一巡すると伸び悩みました。 その後、日本4-6月期実質GDP速報値が予想を下回ったこと、中国経済指標の冴えない結果、アメリカ8月ニューヨーク連銀製造業景気指数の急低下を背景とした円買いが相場の重石となりアメリカ時間朝にかけて安値132.56まで急落しました。 売りが一巡すると下げしぶりアメリカ株指数の持ち直しを背景としたリスク回避ムードの後退、アメリカ金利上昇に伴うドル買い、対主要通貨におけるドル買い圧力(欧

        • 2022年8月12日(金)結果【キャドシステム】

          ドル円は10日発表のCPIの下振れを受けてFRBの利上げ減速観測が強まったため週の半ばにかけてドル売りが進みましたが、金曜は週末前のポジション調整目的のドル買いやFRB当局者のタカ派発言を背景にアメリカ時間朝にかけて133.89まで上昇しました。 その後、アメリカ8月消費者態度指数が予想を上回ると再び強含みましたが日通し高値には届かず引けにかけて133.42まで下押ししました。 ユーロドルは週末を控えたポジション調整のドル買いや良好なアメリカ経済指標、対スイスフランを中心と

          スキ
          1
          • 2022年8月11日(木)結果【キャドシステム】

            木曜のドル円はアジア時間朝に高値133.32まで上昇するも買い一巡後は伸び悩みました。 アメリカ時間にはサンフランシスコ連銀総裁のタカ派発言、アメリカ7月PPIの伸び率鈍化、アメリカ金利低下に伴うドル売りが相場の重石となり安値131.76まで急落しました。 ただしその後、FRBのバランスシート縮小観測やアメリカ長期金利の上昇が相場の支援となりアメリカ時間午後にかけて高値133.10まで急上昇しました。 ユーロドルは欧州時間朝にかけて安値1.0276まで下げ幅を広げましたが売

            スキ
            1
            • 2022年8月10日(水)結果【キャドシステム】

              水曜のドル円はアジア時間朝に高値135.30まで上昇したものの8日の高値を前に伸び悩みました。 その後、大注目のアメリカ7月CPIは市場の予想を下回ると、アメリカ長期金利が急低下しアメリカ時間に安値132.04まで急落しました。 ただしシカゴ連銀総裁やミネアポリス連銀総裁のタカ派発言を背景に長期金利が反転上昇すると132.90まで持ち直す動きとなりました。 ユーロドルは欧州時間朝に安値1.0202まで下落したものの節目の1.0200がサポートとなり下げしぶりました。 その後

              スキ
              1
              • 2022年8月9日(火)結果【キャドシステム】

                火曜日のドル円も月曜に引き続き135円を挟んで方向感に乏しい展開でした。 アジア時間はお盆入りを控えた輸出企業のドル売りや日経平均の冴えない動き、アメリカ金利低下に伴うドル売りが相場の重しになり134.68まで下落しました。 その後売りが一巡すると下げしぶり、アメリカ7月CPIを控えたポジション調整、アメリカ金利上昇に伴うドル買いが相場の支援となりアメリカ時間午後に高値135.21まで上昇しました。 ただし買い一巡後は伸び悩み引けにかけて反落し135.13前後で推移しました。

                • 2022年8月8日(月)結果【キャドシステム】

                  月曜のドル円は週末発表された7月雇用統計の力強い結果、FRBの大幅利上げ観測、株式市場の堅調推移が相場の支援となりアジア時間朝にかけて高値135.55まで上昇しました。 しかし買い一巡後はアメリカ7月CPIの発表を控えたポジション調整、台湾を巡る地政学的リスク、アメリカ金利低下の伴うドル売りが相場の重石となりアメリカ時間に安値134.37まで下落しました。 ただし売り一巡後は下げしぶり、135.00を挟んで方向感に欠ける展開となりました。 ユーロドルはアメリカ金利上昇に伴う

                  • 2022年8月5日(金)結果【キャドシステム】

                    金曜に発表されたアメリカ7月雇用統計の強い結果を背景に金融引き締めが維持されるとの見方が強まると、アメリカ長期金利の上昇とともにドル買いが強まりました。 ドル円はアメリカ時間午前にかけて135.50まで大幅に上昇しました。 9月のFOMCで通常の3倍にあたる0.75%の利上げ確率が約70%、0.50%の利上げ確率は約30%まで低下しました。 ユーロドルはアメリカ雇用統計の良好な結果を背景としたアメリカ金利上昇を受けてドル買いが強まると前日安値1.0155を下抜けして一時1.

                    スキ
                    1
                    • 2022年8月4日(木)結果【キャドシステム】

                      木曜のドル円はアメリカ当局者から相次いだタカ派発言やアメリカ長期金利の急上昇、株の堅調推移が相場の支援となり日本時間17時ごろ高値134.43まで上昇しました。 しかし前日高値を前に伸び悩むと、中国軍の弾道ミサイル発射を背景としたリスク回避の円買い、アメリカ新規失業保険申請件数の冴えない結果、アメリカ金利低下に伴うドル売り、アメリカ雇用統計を控えたポジション調整、サル痘に関する公衆衛生上の緊急事態宣言の実施が相場の重石となりアメリカ時間午後にかけて安値132.76まで急落しま

                      • 2022年8月3日(水)結果【キャドシステム】

                        水曜のドル円はペロシ議長の台湾訪問を背景とした米中対立激化懸念、リスク回避の円買いが相場の重石となり日本時間13時ごろ132.29まで急落しました。 しかし売りが一巡するとペロシ議長が台湾を離れ韓国に到着したとの報道やセントルイス連銀総裁のタカ派発言、アメリカ7月相貌PMI改定値、6月耐久財受注などのアメリカ指標の良好な結果を背景とした株高・金利上昇が相場の支援となりアメリカ時間午前に高値134.53まで急上昇しました。 ユーロドルはドイツ6月貿易収支の予想を上回る結果やド

                        • 2022年8月2日(火)結果【キャドシステム】

                          火曜日のドル円はアメリカ経済のリセッション懸念、アメリカ長期金利の急低下、中国経済の先行き不透明感、米中対立激化懸念(アメリカ下院のペロシ議長の台湾訪問)を背景とした世界的なリスク回避ムードが相場の重しとなりアジア時間朝にかけて安値130.43と2ヶ月ぶりの安値圏まで急落しました。 しかし売り一巡後はサンフランシスコ連銀総裁やシカゴ連銀総裁、クリーブランド連銀から相次ぐタカ派発言を背景としたアメリカ長期金利の急上昇、ペロシ議員が台湾に到着したとの報道が相場の支援となりアメリカ

                          • 2022年8月1日(月)結果【キャドシステム】

                            月曜のドル円はアジア時間朝に高値133.57まで上昇しましたが一巡すると伸び悩みました。 その後、中国7月財新製造業PMIが予想を下回ったことや31日に発表された中国7月製造業PMIが50を割り込んだことを背景に中国経済の先行き不安が再燃、バイデン大統領のコロナ陽性報道やアメリカ7月ISM製造業景況指数の冴えない結果、アメリカ7月ISM支払価格の急低下を背景としたアメリカ金利の急低下、ペロシ下院議員の台湾訪問計画を背景とした米中対立激化への懸念が相場の重石となり6/16以来の

                            • 2022年7月29日(金)結果【キャドシステム】

                              金曜のドル円は欧州時間朝にかけて132.51まで下落しました。 その後はアメリカ長期金利の上昇に伴うドル買いやショートカバー、アメリカ6月PCEが予想を上回ったことが相場の支援となりアメリカ時間朝にかけて134.59まで反発しました。 ただし朝方につけた高値134.68には届かず、買いが一巡するとアメリカ長期金利が低下に転じたため133.21まで再び下押ししました。 ユーロドルはアメリカ長期金利の上昇やアメリカインフレ指標の良好な結果を受けアメリカ時間朝にかけて1.0146

                              • 2022年7月28日(木)結果【キャドシステム】

                                木曜のドル円はFRBのパウエル議長のハト派発言「ある時点で利上げ速度を緩めることが適切であるだろう」や日銀副総裁のややタカ派な発言、アメリカ第二四半期GDP速報値の冴えない結果を背景としたアメリカ長期金利の急低下、日米金利差縮小に伴うドル売り・円買いが相場の重しとなりアメリカ時間午後にかけて約1ヶ月ぶりの安値134.21まで急落しました。 ・GDPの2四半期連続マイナスは一般的にリセッション(景気が低迷し不況にいたる過程の状態)の定義とされています。 ユーロドルはパウエル

                                • 2022年7月27日(水)結果【キャドシステム】

                                  水曜のドル円は公表相場のドル買いや日経平均の底堅い動き、アメリカ金利上昇に伴うドル買い、FOMCでの75bp利上げ実施、パウエル議長「インフレ抑制を強くコミット」「労働市場は非常にタイトでインフレは高すぎる」「インフレを低下させることが不可欠」との強気発言が相場の支援となり深夜3時30分ごろ日通し高値137.43まで急上昇しました。 しかしパウエル議長が「ある時点で利上げ速度を緩めることが適切であるだろう」と発言するとアメリカ長期金利が急低下、3時45分ごろ日通し安値136.

                                  • 2022年7月26日(火)結果【キャドシステム】

                                    火曜のドル円はアメリカ金利低下に伴うドル売りや株の冴えない動きが相場の重石となりアメリカ時間朝にかけて安値136.29まで下落しました。 しかし売り一巡後はFOMCを控えたポジション調整や対ユーロでのドル買い圧力が相場の支援となりアメリカ午後にかけて136.98まで急上昇しました。 昨日発表されたアメリカ経済指標は強弱まちまちだったため相場のへの影響は限定的でした。 ユーロドルはアジア時間朝にかけて高値1.0250まで上昇しました。 しかし買い一巡後は伸び悩む展開となり、欧