見出し画像

【Twitterからの認証コードSMSが届かない人向け】おすすめの格安SIM情報まとめ

最終更新日:2023年5月25日
有料に設定していますが、ある程度は無料で読めます

ども、みちるです。SNSアフィリエイトやWEBサービスの開発・運営などを行っています。もうかれこれ4年目くらいですかね。

前提知識の確認

私たちが普段から使っているTwitterですが、
そのTwitterアカウントで不審な行動があると、(もしくはなくても)
アカウントのロックという措置を受ける場合があります。

特に悪いことをしていなくても、Twitter社による誤判定でロックされる場合もあります

軽度なアカウントのロックであればすぐに解除できるのですが、ある程度重症の場合には電話番号の認証が必要になります。

上記のような画面が出てきたら
①電話番号を登録
②その電話番号にSMSで認証コード(6桁の番号)が送られてくる
③Twitter画面に認証コードを入力する
認証コードが合っていれば、これでロックが解除できます

ちなみに電話番号が用意できなかったなどの原因で、アカウントのロックを解除できないまま一定時間が経過するとアカウントが凍結します。
なお、こちらのページから異議申し立て(電話番号はないんだけど解除してください!とお願いする)をすれば電話番号なしでもロックや凍結が解除できる場合があります

さて、現在2023年1月にこのnoteを書いているのですが、
アカウントロックを受けて電話番号認証による解除が必要な場面で『電話番号が登録できない』『電話番号を登録してもTwitterの認証コードが届かない』などの問題が起きており、中々面倒なことになっています。

このnoteでは、どうしても新規アカウントを作りたい・大事なアカウントを守りたい、という場合に有効な方法について解説していきます。

現在の状況

まず手段ごとの現在の状況を整理してみます。

GoogleVoice(通称GV)

※ 2024年現在、ほぼ利用不可になってます

SNSアフィリエイト界隈などでは有名な電話番号サービスです。
以前は電話番号1個につき数百円程度の買い切りで使えたので人気がありました。
このGVですが、Twitterの電話番号登録に使えなくなった、というツイートや記事が最近話題になりました。具体的には、GV番号を入力すると「Your phone number is from an unsupported phone carrier」と表示され、登録ができなくなりました。
また、運よく登録自体ができても(もしくは既に登録済みアカウントの場合)SMS認証コードが届かないというケースも多く、中々安定して使うことができていません。

格安SIM

GoogleVoiceが使えないなら格安SIMを…!となった人も少なくないとは思うのですが、一部SIMではTwitterからのSMS認証コードが届かない、という問題も起きています。(解決方法は後述)


上記の各状況に加えて、メールアドレス登録で新規Twitterアカウントを作ろうとする際に、認証コードのメールが届かないという不具合も発生しており、Twitterアカウントを複数作りたい・維持したいという人達にかなり影響が出ています。

どうしても新規アカウントを作りたい・大事なアカウントを守りたい、という場合

『格安SIMを使いましょう』というのが個人的な結論になります。

でどこの格安SIMにするかですが、TwitterのSMS認証に使えればそれでいい、という人が大半だと思いますので、大事なのはランニングコストですよね。

以前は楽天モバイルを使うことで、無料で電話番号を取得・運用できていたのですが、2022年7月から有料化したため現在無料電話番号の選択肢はありません。

そこでまず一番におすすめしたいのが、KDDIの『povo 2.0』です。

povo 2.0

費用:半年毎に最低220円
契約事務手数料:無料(6回線目以降は3,300円)
1名義で契約可能な回線数:5回線

povo 2.0は基本料金が0円なのですが、半年間(180日間)に最低一度は課金をしなければ強制的に契約解除になります。「smash.使い放題パック(220円)」という課金オプションが一番安いので、これを半年に1度申し込めば電話番号が維持できます。
実質、月額換算すると37円程度ですのでかなり安いです。
また、計6回線(2名義で)申し込みましたが、全て問題なくTwitterからのSMSが受信できました。

注意点など
・公式には1名義につき5回線まで申し込めるということになっていますが、実際に申し込んだところ1名義では3回線までしか受理されませんでした。一説によると支払い実績がないと、これ以上は契約できないようです
・既にauやUQ mobileなどを契約している場合は、既に1回線契約済みとしてカウントされるようです
・申し込みは専用アプリからのみ
・回線契約毎に別々のメールアドレスが必要になります(GmailのエイリアスでOK)
・半年に1度の課金を忘れてしまうと電話番号が使えなくなる
・eSIM対応機種であれば、eSIMが便利です


これで電話番号3つが確保できることになりますので、通常はこれで十分だと思います。
(Twitterは電話番号1つで最大10アカウントまで作れます)

ただし、無茶な使い方をしていたり、巻き添えロックなどを避けたいという場合に、アカウントの数だけ電話番号を用意したいという人もいるかもしれません。

自分も同じ状況だったので、他の格安SIMを試すことになったのですが、なんと試したうちの半分以上が認証コードを受け取れませんでしたw
(SMS受信自体はできるが、TwitterからのSMSだけ受信できない)

というわけでこれより先の有料部分では、下記の情報について解説していきます。

  • 条件を満たしていれば何回線でも契約できるおすすめ格安SIM(もちろんTwitterからのSMS受信可)

  • TwitterからのSMSを受信できた格安SIM

  • 受信できなかった格安SIM

  • 受信できなかった格安SIMを受信できるようにした方法

  • TwitterからのSMSを受信できる格安SIMかどうかを契約前に判定する方法

  • その他最新情報の追記など

注意点
・こちらの手元での精々10~20SIM程度の検証結果になりますので、この結果が100%合っているという保証はできません
・検証にはiPhone SE2 を使用しています
・契約時期によって結果が異なることがあります。2021年以前に契約したSIMは問題なくSMSが届くケースが多いです。今回の検証結果は全て2022年12月以降に新規契約したものになります。

これ、自分で色々SIMを試そうと思うと「1契約毎に手数料3000円かかる」「時間も手間もかかって面倒」という感じですので、ぜひ購入していただいて皆様の節約と時短になればなと思います。
すみません、要は自分が消費した手数料と時間を取り返したいだけです

ではよろしくお願いします。

ここから先は

3,120字 / 4画像

¥ 980

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?