見出し画像

私がどうやって山田洋次監督に帯コメント書いていただいたかという話


キャプチャ

https://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-85426-8.html

監督にお手紙を直接書いたら、書いていただきました。おわり。


で、なくって。はい、こんにちは。紙の方を持ってらっしゃる方はご存じかと思いますが、日本映画界の巨匠山田洋次監督に帯を書いてもらってます。 これはかつて山田洋次監督が撮られた名作「学校」という夜間中学の作品繋がりなんですが、元々私がこの映画が好きだったんです。年齢的に初めて山田洋次という監督を意識した作品でした。それまでは「寅さんシリーズ」をダラダラ続けている映画監督というイメージでして(失礼な)、寅さんシリーズも長く続いて常連客には分かる笑いのツボとか、メインキャラ故に説明が必要の無い登場人物とかそういうのが分からなかったので、親が観てても飲み込めなかった作品でした。

 そんな中、親に映画館に連れられて観たのがこの「学校」でした。山田洋次監督のシリーズ物じゃ無い完結した作品です。(「学校」という映画は好評でその後シリーズ物にはなりますが、シリーズに繋がりはありません)夜間中学という舞台も面白かったのですが、既に漫画家になりたいなあと意識していた私はとにかくストーリーの完成度に圧倒されました。邦画でままある叙情的で終わらせず、きちんとエンターテインメントとして終わらせていて、夜間中学の舞台や雰囲気も私の中にこの作品で刷り込まれました。夜間中学の話を描くにあたって、ずっとこの「学校」のイメージがあり、お手紙をいただいた読者の中にも「山田洋次監督の作品を思い出します」とご指摘がありましたが、まさにその通りです。ただ、作品を読んでいただいたらおわかりの通り、時代が違うので、外国人が居たり勿論お話も全く違います。取材した学校も違う学校でした。映画で観て想像していた所も取材しに行ったらずいぶん違うところもあり、全部反映させました。それでも雰囲気が似てると言われたのは嬉しくもあり、不思議でもありました。

 で、コミックスになるにあたって恐れ多くも「山田洋次監督に帯に一言書いてもらいたい」という夢がありまして、掲載紙が新聞だったこともあって「なんとかなりませんか?」と掲載紙の担当さんに相談しました。私の想像では「取材等で担当及び同じ会社の人が監督にお会いしたときにお願いして要約を伝え一言もらう」だったのですが、お願いして数日後帰ってきた言葉は

「監督に伝えるだけ伝えたから事務所に監督に手紙を書いて♥」

ええええええええええええ!!!!!

いや、え?はい?手紙・・・・私、監督といくつ違いだと思ってるんでたそがれ清兵衛はまた名作ですよね!じゃなくて、アナタわたしがどれだけ監督を尊敬してると思って「息子(映画)」も年を追うごとにじわじわきます。ってえええええええ!???マネージャーに直接お電話等をしてお願いするとまでは想定してましたが、監督にお手紙!????

・・・・・書きました。退路も無くなり書きました。お手紙の書き方をググり、日ペソの美子ちゃん並の達筆を目指し、何年ぶりかの縦書きのお手紙を。そして、目がきらきら少女漫画の本紙掲載コピーをクリップで留めて同封して。少女マンガの絵でとても見にくかったと思います。最後の方はまだ掲載してなかったので、そのままパソコンから出力してました。

それでも、やはり読みづらいからマネージャーかスタッフが読んで要約すると思ったのです。いや、それ以前に寅さんが久しぶりに公開されて忙しい時期で無理だろうと思い、双葉社の担当さんとデザイナーさんとは別の帯を進めてました。そしたらばある日双葉社の担当さんから「コメントいただけるそうですよ!」ってお電話がありまして。いただいコメントは読まれた方は分かるように、内容をきちんと読んでないと書けないコメントで、驚きましたし、なんと心の広い、作品そのままの人だと思いました。っていうか、寅さんは存在してたよ!???

帯のあれこれはそういう私の失礼な突っ走りと作品そのままの山田洋次監督の人柄で生まれたものです。本当に死ぬ気でお手紙書いたし死ぬと思ったので、帯も大切にしていただけると私も本当に嬉しいです。


コロナの件で新作映画の主人公を演じるはずだった志村けんさんが亡くなり本当に残念です。そして、監督もご高齢なのでまだまだコロナが猛威を振るう中での撮影で心配しております。新作を楽しみにすると共に、また今の時代の夜間中学の映画を山田洋次監督に作っていただきたいなと思っております。

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
漫画家です。少女漫画、児童向け漫画他、児童向け・学参イラストをしております。お仕事依頼はサイトからお願いします。 サイト http://csawane.starfree.jp/

こちらでもピックアップされています

漫画「夜間中学へようこそ」まとめ(単行本3月12日発売)
漫画「夜間中学へようこそ」まとめ(単行本3月12日発売)
  • 32本

-おばあちゃんと同級生!?- 赤旗日曜版2019年6月30日号~12月22日号連載の「夜間中学へようこそ」(原作:山本悦子)一話分の掲載許可をいただきました。以降は掲載号の一部とあらすじをまとめた投稿です。(一話漫画は計6枚) 原作は野間児童文学賞受賞山本先生の名作。主人公(中一)のおばあちゃんが夜間中学に行く話。追記:単行本が3月12日双葉社から発売します。 原作→https://www.amazon.co.jp/dp/4265057888/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_LDycDb5VF930A

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。