あるのう

棄てる者と棄てられる者 —村上春樹『猫を棄てる 父親について語るとき』を読んでー

『猫を棄てる 父親について語るとき』(以下『猫を棄てる』)でとりわけ印象的なのは、冒頭と最終盤で語られる猫のエピソードだ。いずれも村上春樹の実体験なのだが、それ…