Second Coming
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Second Coming

 我が家の山の神は私の1日前に接種。自身、仕事を休みにくかったので、(副反応対策で、接種後は休日になるよう日程変更をした。)夫婦で接種日が1日ずれることとなった。これが、結果的によかった。山の神は接種後の深夜から、発熱、悪寒、頭痛、腕はもちろん、腰など体全体の痛み。症状としてはインフルエンザのような感じ。最終的に39℃近くまであがったのでこれは辛かっただろう。急遽、昼から帰らせてもらい、こどもの部活の送迎、簡単な買い物、夕食の準備、片付けまでやって、接種会場へ。
18:30前に接種(予約は18:30)。前回と比べ、接種そもそもが痛い。こんな痛かった?と思うほど。待機所で職場仲間らしいおじさん達が「前回より痛くね?」「思い込みもあるかもしれないけど痛い」とのやり取り。会場で15分待機し帰宅。
 その日の夜は特に変化なし。25時頃目が覚めて二時間ほど起きていたが、特に変わりはなかった。
 翌日6時起床。軽い頭痛、体が怠い。背中や腰が痛い。特に痛いのは接種した腕、前回よりも明らかに痛い。軽く何かが当たる、シャツを着たり、脱いだりするのも一苦労。少し吐き気のようなモヤモヤもある。全体的にインフルエンザの罹りかけ、治りかけみたいな感じ。シャッキリはしていない。車を運転する余裕はある。仕事は行けないことはない位の体調。自身の体調を測る目安に、ワンツーが出来るか?(する気力があるか?)がある。前の手→奥の手ストレートのワンツー。この時点ではやれないことはないような気がするけど、左手が上がらないから辞めておこう、となる体調。
10時頃、倦怠感で寝転がっていたが、体が熱い感じ。熱を測ると37.6℃。とうとうきたか、発熱。鎮痛剤を飲む。胸のムカムカは収まらない。例え出勤したとしても、仕事を早退するパターンだなと感じた。
13時、38.5℃
15時、38.7℃
18時、38.6℃ 悪寒、一晩中嘔吐が続く。
うたた寝感覚で夜があける。
 翌日6:30 36.4℃ 熱は下がるが、頭痛と吐き気は残る。
今回の真夏の発熱でわかったのは、体温が高いからなのか、気温が高くても熱く感じないこと。汗もかかなかった。熱中症になりそうだが。
 短期間で開発者が頑張ってワクチンを作ってくれたことは、本当にありがたい。服反応の対応まで改善してくれると、嬉しいな。

 しかし、井上康生監督は本当に素晴らしいね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
重畳。重畳。
長崎県佐世保市の空手道場です。少年部はフルコンルール、一般部はグローブ空手をやっています。毎週日曜日が稽古日です。